Ragnarok online 萌え専用板
関連リンク
萌え本スレ
 ♀萌えスレ:【萌】RO萌えスレ 22センチのミニスカート【萌】
 ♂萌えスレ:◆RAGNAROK ONLINE ♂萌えLv7◆

Ragnarok online 萌え専用板 過去ログ倉庫
萌え庫
えROだ
(停止されないように、優しく扱いましょう。)
(txtをそのまま上げると改行がdじゃう、dじゃう〜。圧縮しましょう。)
萌えスレ絵板
みんなで作る小説ラグナロク Complement Site:ttp://sscomplement.tripod.co.jp/
RAGNAROK Online Short Stories Archive:ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~mkw/ross/
Ragnarok Online小説投稿所(あぷろだ):ttp://moetaro.virtualave.net/ragnarok/
Ragnarok Online小説投稿所@避難所: ttp://tfc55.hp.infoseek.co.jp/

日本公式サイト
2chネトゲ実況板2(本スレ等)  大規模MMO  ネトゲサロン(隔離スレ・その他)  ネトゲ質問(質問スレ)
MMOBBS(旧にゅ缶)Ragnarok板  LiveRO板
RO恋愛板
各鯖:
WG1WG2WG3WG4海外・他
Verdandi板
Magni板
Surt板
Forsety板
Garm板
Tyr板
Idun板
Eir板
Freya板
Balder板
Chaos板
Thor板
Bijou板
Ses板
Sara板
Fenrir板
Loki板
Lydia板
Tiamet板
Lisa板
Odin板
Heimdal板
Iris板
iRO板
oRO板
Urdr板

RagnarokFAN info

萌え板Wiki
萌え板あぷろだ

萌え板から派生したもの
ときらぐ:ときらぐポータル
RO-TRPG:RO-TRPG
バトルROワイアル:バトルROワイアル@Wiki

板共通ルール
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。
・18禁レートに引っかかる書き込みや下ネタは、禁止しませんがほどほどに。
 (ただし、スレのローカルルールにより18禁禁止スレでは禁止です)
・ここは萌え板であってエロ板ではありません、エロが嫌いな人もくる事も忘れずに。
・絵、文を上げてくれる人は自分のプレイ時間を削って上げてくれてます。
 催促はやめませう。
 また、上がった内容に関してアドバイスは良いですが、文句は言ってはいけません。
 各神の成長を手伝いましょう。
・ラグ・バグ・ゲームバランス等の論争・愚痴はここじゃなくて、2chMMO板本スレ・隔離・教えて君へ。
・でもRO絵・文で元ネタアリは、元ネタに触れない方向で(*´Д`*)は(・∀・)イイ!
・スレ住民ハァハァネタは収拾がつかなくなるのでできるだけ押える方向で。
・コテハンの人も、荒れる元になるので暴走したりしないように慎重に発言しましょう。
・18禁レートのスレッドはsage進行でおながいします。
 (ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)

同じものが【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>2にあります。
各スレにもローカルルールがあります。
1を読みましょう。

板が重いと感じたら・・・

Monazillaツールを使ってみましょう。
詳しくは【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>3を。

この板の1スレッドの制限は最大1000レス、または最大512KBになっています。

前のページ 最初のページ 過去ログ i-mode FAQ リロード

111 : 【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part16 (263) 
過去ログはこちら

[111:263]【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part16
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2015/06/12(金) 21:01:07 ID:K.LxvYwA
ここはハァハァ鯖に住んでいる聖職者達にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここは聖職者系(アコライト、プリースト、モンク等)専用スレです。

★板共通ルール★
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

前スレ
【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part15
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1403617453/l50

他のテンプレは>>2


254 名前:桜アクビRE 投稿日:2018/01/28(日) 00:04:11 ID:X4NyvCzo
>>243

彼女の髪に合わせた桜色の着物、普段と違って髪の毛を後ろで纏め、淑やかに彼の隣を歩く。
表面上は笑顔を浮かべ、けれど彼女の内心は羞恥と屈辱でないまぜで、この会場の表裏のような状態で。

「ほら、何もないように装いながら、こっちに歩いてくるんだ」
(どうして。命令に逆らえないん、ですの…っ♥)

会場に入ってすぐのドリンクを受けとった頃ぐらいからだろうか。

桜アクビは何故か、隣にいる彼の言葉に逆らえないような状態になっていた。
意識だけは抵抗出来ているが、それも彼の言葉を聞く度にゆらゆらと揺らぎ、足元が覚束ない状態のまま。

「んくっ、は…っ♥ ひっ、あ、ああ……っ♥」

エスコートする彼の腕が桜アクビの衣装の隠しスリットの奥に入り込んで
その指先が下着をつけてない彼女の腰に、彼女のお尻に触れて、ゆっくりと撫でながら降りてくる。
振りほどく事も出来ず、彼の指先がそのお尻の奥まで入り込むのを拒めず。

それどころか、火照った身体、感じやすい状態にされたまま
お尻の穴を穿られて、上がってしまうその艶めいた声すら我慢をさせてもらえない。

「随分とほぐれてきたみたいだね、気持ちいいかい?」
「はひっ、あ…っ、ああ…っ♥ お尻を指で穿られて、あひっ、あ…っ、気持ち、ひ……っ♥」

羞恥で心がとても悶そうになる。顔を真っ赤にして告白する。
蕩けた顔で、快楽を我慢して溜め込みながら、あっ、あっ、と甘い声を上げて。
ぐりぐりと指先に広げられると、びくんっと反射で腰が跳ね上がる。

(こんな、ああ…っ♥ 他の人がっ♥ こっちを見て、ますの、にぃ…っ♥)

彼女に拒否権はない。視線が合えばそれだけでお客様に微笑んでしまう。
両手を重ね合わせて隠している股下は既に愛液で濡れて、太股から垂れ下がってきていた。
感じているのが、誰にでも分かるほど、腰を淫らにくねらせる。

「ひぃ、あああ…っ、はひ、ぃ、あひ…〜〜っ♥」

お尻の敏感な部分をぐりっと押し上げられる。
立っているのも辛いのに、強烈な快感に腰を跳ね上げさせられて、意識が白く染まる。
ああ、あ…っ、と我慢できずに、腰が下がっては指先に持ち上げられて。

「こんなっ、お尻穿られて…っ、わた、くし、イキそうに…っ、あ、ああ…っ♥」
「まだ駄目だよ、全員に挨拶が終わるまでは我慢ね」
「〜〜〜っ♥ ふぁ、あ…〜〜っ♥」

彼の意地悪な言葉、ぐりぐりと言葉に反して乱暴にお尻を掻き回してきて。
全身をびくびくびくっ、と大きく跳ねて、絶頂しそうになる。
凄まじい快楽に頭が真っ白になってしまいそうになって、そしてその手前で押しとどめられて。

(あ、これ…絶頂を、操作、されて……っ♥)

彼の許しなくして、桜アクビは絶頂する事が出来ない。
絶頂の手前まできた状態のまま、抜き差しされる指先に顔を仰向かせて、跳ねて、跳ねて悶える。

「ひあっ、あああ…っ♥ こんな、ひぁ、ひい…っ、ずぼずぼ、気持ちよすぎ、です、の…っ♥」

気持ちいいことを隠せない。彼に見つめられたまま絶頂寸前を繰り返させられて。
愛液で着物を濡らす程、たっぷりとほじくり返されていく。

「ほら、お客様がいらしたみたいだ、挨拶をして」
「は、ひ…っ、あ、アナルで気持ちよく、されている…っ、桜アクビで、ございます…っ♥」
(こんな、恥ずかしい、恥ずかしい…っ、ですのに…っ♥)

何処かの誰かもわからない。そんな相手の前で告白をさせられる。
がくがくと足が震えて立ってられない状態なのに、彼の指示通りに丁寧な挨拶をさせられて。
上がったお尻に彼の指先がより深く突き刺さる。それが堪らなく気持ちよくて。

「あっ、そんなにお尻の粘膜…ごしごしっ、され、あ、ああ…っ♥」
「はひっ♥ お尻、気持ちいい、ですの…っ、あ、ああ…っ、狂って、しま、ああ…っ♥」
「いか、あ…っ、いか、せて…くださっ、ひ、ませ…っ、ご主人、さあ、ああ…っ♥」

彼が満足するまで、お客様の前でアピールをさせられる。
何度も何度もイケない寸止め地獄を味わい、桜アクビは我慢できずに音を上げる。

いっていいよ、と其処で聞こえる声。

「ひいいいっ、あひ、あ……〜っ♥ ひぃ、く…っ、ぉあ…〜〜っ♥」

良くわからない声を上げて、全身を仰け反らせながら絶頂をする。
着物の前部分を思いっきり濡らして、だらいないほど漏らしての連続絶頂、それを立ったまま見せつける。
ぐちゅぐちゅと前後に指先を捩じ込まれるまま、腰をがくがくと前後に淫らに振り乱して。

「こん、にゃ、ひっ、ああ…〜っ♥ 一杯弄られ、りゅ、ふぁ、ああ…〜っ♥」
「あ、へぇ…っ♥ ふぁ、あ、あああ…〜〜っ♥」
「ひっ、ゆるひっ、へぇ…〜っ、お尻、こわれ、ひっ、あ、ああ…〜っ♥」

立ったまま我慢してね。と言う命令に逆らえないまま。
何度も何度も、お尻を擦り上げるたびに絶頂を繰り返す絶頂ショーを演じさせられる。
腰が何度もくねってしまって、愛液を地面に撒き散らしながら、絶頂に震えるアクメ顔をたっぷりと見せつけて。

「もう、我慢出来ま、せ、んの…っ、あ、ご主人様、ふぁ、あ、あああ…〜〜っ♥」

それは、彼が許可するまでずっと続くのだった。


その後も、ベッドのある部屋に連れて行かれれば、彼にお尻を向けさせられて。
とろとろにふやけたお尻の穴を彼にじっくりと観察されながら、何度も何度もまた果てさせられ、蕩けさせられ。

「おしり、入って…ますっ、の…っ、ふぁ、奥まで抑え、つけられるの…ひっ、いい…〜〜っ♥」

お腹の奥まで響くような、突き上げに悲鳴を挙げさせられ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

255 名前:桜アクビRE 投稿日:2018/01/28(日) 00:12:42 ID:X4NyvCzo
>>248

「その……っ、本当に、これで治療になってます、の……っ?」

桜アクビの名前の由来でもある桜色の髪、その長い髪を彼のおちんぽに絡めて手のひらで扱く。
固くなったおちんぽが、震えて、びゅるびゅるっ、と溢れる精液。

透き通るような桜に、白濁が零れ落ちて絡みついていく。
まるでマーキングされるような、雄の臭いが桜アクビの髪の毛に刷り込まれて。

「……その、やっぱり……っ、汚されるのはなれません、わっ」

少し涙目になりながら、そう愚痴を漏らす。

唇で溢れた精液を飲んでもらえば治りやすいと言われて濡れたおちんぽを咥えて。
ちゅる、りゅるっ、と溢れた精液を舐めとっては、ごくんと飲み干して。

(濃密な雄の臭い…っ、早く、終わらせないと…っ)

お腹の奥からきゅんと震える。これが欲しいと言う身体からの主張。
羞恥に顔を真っ赤にしたまま、それから数回、また髪の毛と唇でたっぷりとご奉仕をするのでした。

256 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/01/30(火) 04:29:53 ID:mItwtHN6
>桜アクビRE
こんな季節だから常夏のジャワイにでも行ってみようか。結婚していない間柄でも利用できる特別な券だ。
利用者としてここに名前を書いてくれ。

利用券の効果によって、俺は主人、君は性奴隷として登録されたから、その様に振る舞ってもらうよ。
もちろん二人の仲は主従関係と恋人同然の仲ってわけだ。ここは特別なジャワイで、そんな関係の二人が使うところだからね。

さて、君に用意したのは、薄くて白いヒモみたいなビキニだ。まずは浜辺を散策しようか。
君の身体を見ていたら触らずには居られないな。君のその大きな胸を揉んであげながら歩こうかな。

さて浜辺をまわったらロッジで休もうか。君には裸エプロンでもしてもらおうかな。
ちゃんと用意してあるから目の前で着替えてごらん。胸が大きいからエプロンからはみ出ちゃうね。
俺が君のおっぱいをエプロンに戻してあげよう。あれれ?なかなか戻らないな。めちゃくちゃに揉んじゃうけど
仕方ないだろう。胸をエプロンに戻していたら乳首が起ってきたのかな?どんな風になってるか教えてごらん。
起っている乳首を扱いてあげるよ。片方はおっぱいを好きな形に歪めながら、片方は乳首を扱きながら。
そろそろ肉棒が欲しくなってきたかな?だけどまだだよ?俺の肉棒の準備をしてもらうからね。
そのいやらしいお口で俺の肉棒を準備するんだよ。俺の方を向いて部屋いっぱいに水音を立ててフェラチオするんだ。
一回出そうかな、ちゃんと口で受け止めないとダメだよ。口で受け止めたら零さないように口の中を見せてごらん。
そのまま舌を使って精液を自分の歯に塗りつける様を見せるんだ。口内を精液いっぱいにしたら飲み混んで良いぞ。
準備が出来たら、俺の肉棒に跨がっていいよ。下からも突き上げてあげるから、膣内が俺の肉棒の形になるように
肉棒で膣内を扱いてあげよう。そのまま肉棒を子宮に向かって突き上げながら射精してあげるから、君も好きなだけ
子宮で精液を呑み込んでくれ。
射精が終わったら、また子宮を突き上げるぞ。君もまだまだ終わらないだろう?
好きなだけ強請っていいからね。

257 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/02/04(日) 01:59:04 ID:ZzEhgMXc
>桜アクビRE
君とペアでゲフェニアへ調査に行った修羅だが、インキュバスに出会ってから
どうも調子が悪いみたいだね。
何やら過去にインキュバスに躾けられた、とか言うのではないだろうね?
…まぁ、本当だとしても君も身体を疼かせたままでは居られないんだろう。
モノは相談だが、点穴と金剛の使いすぎで君と同じく身体が猛ったままになってしまっている
俺の相手をベッドでしてくれ。出来うるだけ君の性的欲求に従って相手をしようじゃないか。
もちろん俺の猛りを沈めてくれればいいわけだから、二人きりになって好きなだけ嬌声を
部屋に響かせてくれて良いぞ。
そうだな…最初はその口で俺のモノを奉仕するところからだ。
そして君はどこが気持ちいいのかな?アソコか後ろの穴か、好きな方を好きなだけ犯してやろう。

258 名前:ふたなりムナ帽ハイプリ『エリ』 投稿日:2018/02/07(水) 22:12:48 ID:t3BzXH4o
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
ムナ帽着用時
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleHighPriest0_19Black_5167

ムナ帽OFF時
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleHighPriest0_19Black_5288

問2:身長は?
160cm

問3:3サイズは?
B:73 W:59 H:71

問4:弱点を答えなさい
この忌々しい…これ(下腹部を指さしながら)
戦いや鍛錬を終えた後は…昂ぶってしまいます。
普段は目立たないようにスパッツやショートパンツを重ね履きしています。、

もう一つは、あの子達に逆らえないことですね。
戦って勝てない相手ではありませんが、、あの子に睨まれると竦み上がってしまうし、耳元で囁かれると背筋が寒くなる。
過去、フェイヨンダンジョンで深入りした結果不死者達に蹂躙された事もあります。
あの際、何らかの細工があったのでしょうね。
それ以来、ずっと半ば従属状態です。

問5:自分の自慢できるところは?
一人でもそれなりに動けること…ですね。
もっとも、行けるところは限られてしまいますが。

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
ど、どういう…って
ずっとソロだから…その…そう言うのは考えたことは…。
相手は…大体アンデットですよ。ええ、負け戦の報いです。

問7:初体験の時のことを語りなさい
フェイヨン地下の廃寺院で、あの子達に囲まれて…そのまま最後までされました。

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
フェイヨンダンジョンの奴らに…強壮効果のあるお香を焚かれ、その中で一晩中扱かれました。

問9:備考をどぞ
フェイヨンをホームとする生真面目な女祭です。
その見た目から、携行している鈍器がなければDEX型の支援と間違われることもしばしばです。
彼女には両性具有という秘密があります。
アコライト時代に魔族の戯れで生やされ、以来それが原因でソロ出活動を続けています。

フェイヨンのはずれ、ダンジョンの近くに小さな家を建て、そこを拠点に活動しています。
時折、付き添っているボンゴンに『連れ回されて』います。


問10:スレ住人に何か一言
初めまして。エリ姉ちゃんの付き人(?)をやっているボンゴンです。
こんなお姉ちゃだけど、よろしくね!

問11:貴方の命令上限数を教えてください
2つくらいで。
あ、総合のアリスのお姉ちゃん達とあわせてだからね!

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
特にないかなぁ

問13:他の方々とのコラボはOK?
ぜひ!

259 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/02/08(木) 05:56:08 ID:01V8NYNs
>桜アクビRE
新年のパーティーの時に、君のパートナーから依頼が合ってね、ジェネティックの俺に君を開発して欲しいということらしい。
そう、君が気持ちよがっていたお尻の穴の開発だ。まずは服を全部脱いで、この白いベッドにうつ伏せになってごらん。
そして両手で自分の尻たぶを持ってお尻の穴を全部見せるんだ。
まずは痛くない様にベト液を塗した白ポで、君の尻の穴の入口を解してあげるよ。
ある程度解せたら今回のメインの特別な薬の出番だな。まずは君の尻穴の内側、薬の効果が発揮されやすい直腸に塗り込むよ。
指の入り込める全て場所に塗り込んだら、薬の効果が発現されるまで、少し待とうか。
その間は薬の説明をしてあげようか。この薬を女性の尻穴の内側に塗り込むととても痒くなるんだ。
特に聖職者には効果が高くてね、魔法薬の一種になるんだ。君はどんな反応をみせてくれるのか楽しみだな。
どうかな?尻穴が痒くなってきたかな?どんな風に感じるか詳細な説明をしてくれ。
まぁ、一種の実験でもあるからね、データは多い方がいい。

頑張って説明できたね、えらいえらい。じゃあご褒美を上げていこうか。
さぁ、「桜アクビのケツ穴を穿って気持ち良くしてださい、おねがいします」って言えるかな?
言えたら少しずつ指で君の尻穴の内側を穿っていってあげようか。いきなりだと君が参ってしまうからね。
少し指を入れて穿ったらそのまま指を抜いたりするけど、どんな感じかな?
イキたかったら「桜アクビはケツ穴を穿られてイきます」って言えたらイってもいいよ。
何度も指を出し入れするから、その度にイクのかな?我慢せずにイってもいいからね。
どんどんと指を入れる位置を深くしていくから、どんな気分なのかちゃんと報告するように。
イク時にも宣言しないとダメだからね。指じゃ届かない所も痒いかな?
じゃあ俺の肉棒を入れてあげようか「桜アクビのケツ穴でチンポを扱かせてください」って言えたら
ケツ穴に肉棒を入れてあげるよ。指なんかより長いから奥の方まで扱いてあげることができるからね。
ケツ穴に中出しするけど、そのまま扱き続けてあげるよ。イキたかったら何度でもイクといいよ。
声は抑えずに俺の部屋中に嬌声を響かせると良い。

260 名前:桜アクビRE 投稿日:2018/02/09(金) 11:21:08 ID:C5lvntGI
>>256様(前半)

「こんな格好で、歩くなんて…っ、恥ずかし、くて、その…許してください、ませ…っ♥」

常夏の島ジャワイ、その白い浜辺を連れ立ってあるく二人の姿。
スタイルの良い身体を殆ど隠すことのない白いビキニ姿で、桜アクビは肌を火照らせてしまうほど
羞恥に震えながら、彼の腕の中で寄り添っていた。

「あう、ふ…っ、揉まれると、んっ、声が…っ♥」

誰かに出会うかもしれない緊張感の中で、覆いかぶさるように彼に後ろから胸を揉みしだかれる。
桜アクビの体格では逃げる事も出来なくて、揉みしだかれるだけになっている。

そんな彼女の表情には恥ずかしさはあれど行為に対する嫌悪などはなく。

「もう、旦那様ったら…っ、こんな場所で、感じた声をあげるのは…っ、んっ、はう…っ♥」

愛しい相手に甘えるような声でその行為を受け入れてしまっていた。
彼の指先が動くたびに、桜アクビの隠せていない大きな胸は揉みしだかれてしまっていて
淫猥にその形を変え、弄られて上がる嬌声が浜辺に響いていく。

「あっ、ああ…っ、んく、ふ…っ、ふぁ、ああ……っ♥」

軽く絶頂してしまったのか、桜アクビの身体が更に彼に預けられて。
耳朶に響いていくロッジで続きをしよう、と言う声に彼女は蕩けた微笑みで頷き返すのだった。


「ちょ、っとだけ…っ、これ、小さいかもしれ、まぜんわ…っ、うう…っ♥」

ロッジで水着を脱ぎ、用意されたエプロンを身につける桜アクビだが、衣装が小さくて胸元が収まりきらない。
押し付ければ自然とその胸の谷間にエプロン生地が食い込み、胸の突起が見え隠れして。

「あ、りがとう、ございます…っ、んっ、あ、う…っ♥」

直してあげるね、と言う言葉に身体を預ければ、びくんっと仰け反って。
その露出した先端を指先で摘まれ、こりこりと擦り上げられては声も出ない筈もなく。

「へぁ、ああ……っ♥、そんな、先端ばっかり、転がして…んっ、ふぁ、あ、ああ……っ♥」

桜アクビは彼の指先に翻弄されてしまう。

すっかりと浜辺の責めでぷっくりと膨れた胸の先端、指でそれを摘んで扱かれて。
更には奥に陥没するほど押し込まれて、指の腹ですり潰されて。

「ひうっ、ああ…っ、吸うのは、だめ、ですわ…っ、あ、ああ…っ♥」

もう片方の胸元を吸い付かれ、舐め上げられて。
同時に来る違う責めの感覚に、お腹の奥からきゅんきゅんと震わせられて。

「こ、これ以上は、その…っ、もう、欲しくなって、しまいますの…っ、だ、だから…っ♥」

ぞくぞくと、腰が立っていられないほど快楽で染められた桜アクビからは降参の声が漏れてしまうのでした。

261 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/02/18(日) 22:50:14 ID:f9fVhHpY
>>ふたなりムナ帽ハイプリ『エリ』に命令
君の精液をサンプルで欲しくてね、相手をしてもらうね
大丈夫、君のご主人様からは許可を得ているよ
最初は手がいいかい?口かな?それとも早速私のおまんこに注ぎ込むかい?
あぁ、安心してくれたまえ異性愛者の可能性も考慮して助手も連れてきた
君のソレがそそり立つように彼にも協力してもらおう
おまんこがいいかい?それとも前立腺刺激の為に後ろの穴がいいかな?
あ、もしかして助手君を犯したい?それでもかま・・・逃がさんぞ、助手

262 名前:桜アクビRE 投稿日:2018/02/22(木) 10:55:25 ID:zrk5hubs
>>256様(後半)

「こんなにも、大きくして…っ、旦那さまも、期待しておいででした、のね…っ♥」

まるで恋人のものを頬張るかのように、桜アクビは彼の肉棒に口づけをして、その先端を口腔に飲み込んでしまう。
唾液でちゅるちゅると音を立てながら舌先を使い、舐め回して、唇をすぼめて扱き上げていく。

「んっ、ちゅる、れろ、ちゅ…っ♥」

コテージの内部に響いていく淫らな水音。

どろりと溢れていく唾液が、彼女のエプロンからはみ出た胸元に垂れ落ちていき、溢れた跡を残していく。
根本からぎゅっと細い指先が肉棒を握り、喉奥まで使って舐りながら擦り上げて。

「じゅる、れろ、ぁむ…っ、気持ちひ、れすか、旦那様…んっ、れろ…っ♥」

発情しきったその顔でじっと見上げる桜アクビ。
押し付ける胸元はとっくに興奮させられ勃起した胸の突起が触れてしまう。
ぞくぞくっ、とその度に悶え、声が咥え込んだ唇から溢れていく。

「んっ、ふぁ……んっ、んう…っ、ふぁ、ん……っ♥」

震える先端に更なる責めを重ねるようにして舌先で転がしていく。
先端をちゅぱちゅぱと唇を吸い付かせて、カリ首を飲み込んで顔を動かしては飲み干して。

びゅるるっ、と喉の奥に溢れる射精。

それを愛おしそうな表情で、舌先で舐め取りながら吸い付く。
たっぷりと溢れた精液を受け止め、舌先でにちゃにちゃと転がして塗りつけながら味わっていき。
どろどろの口元をじっと見せつけ、そのまま喉奥に飲み干していく。

「旦那、さまの…っ、せーえき、美味しかった…です、わ……っ♥」

こぼさないように両手で頬のあたりに手を当てて、口元を多いながら残りをごくごくと味わって。
たっぷりと出した彼の肉棒に再び唇を寄せて、何度もちゅう、ちゅうっとキスをうする。

「あ、は……っ、ひ……っ♥」

そんな彼女の耳元に、上に乗れと言う言葉。
ふにゃりと微笑みを浮かべながら、ぞくぞくと期待に身体が震えて。

「うんっ、だん、な様の…っ、ごしゅ、じん、様のおちんぽ…っ、くだ、さい、ませ…っ、ん…っ♥」

押し倒すようにベッドの上でその身体に跨って、胸元を形が変わるほど押し付け。
彼の肉棒にその股を追いつけながら彼の唇にく、唇を寄せる。
既に濡れそぼった彼女の割れ目は彼の肉棒に擦れるだけで更に愛液をぷしゅっと溢れさせて。

(あ、うん…っ♥ これ、大きいです、わ…っ、擦れる、だけで…っ♥)

すっかりと彼女の思考を彼の肉棒が染め上げていく。
お腹の奥から、きゅんっと震える感覚、身体がそれに屈服したいと願うように。

「んっ、ふぁ、は……っ♥ んっ、あ、うん…っ♥ んっ、はぁ、あ……っ、あ……っ♥」

焦らすように、彼の先端に腰を押し付けながら、ゆっくりと進める。
先端が押し当てられてめり込み、それだけで快感に動けないほど割れ目を割りさいていき。
半ばまで埋まった所で、浅くお腹の奥を突きあげられ、甘い呼吸を吐き出して。

「あっ、ひぃ、ひぁあああ……〜〜っ♥」

ぎりぎりの所で踏みとどまっていた桜アクビから漏れる悲鳴。
彼が、彼女の手を掴んだまま、一気に身体を手繰り寄せて突き上げてしまう。

みっちりとお腹の奥まで埋まる感覚が走り抜ける。

「そん、な、ひぃ…〜っ♥ ひぁ、ひぃっ♥ ふぁ、あ、ひぁ、あ、あああ…〜っ♥ あひぁ、あ…っ♥」

思いっきり仰け反り、がくがくと震えて、情けなく絶頂を繰り返していく。
お腹の奥を、自重と、彼の腕に引っ張られ、逃げ場のない突き上げに晒されれ堪える事が出来ない。

「ノック…ッ♥ お腹の、おく、そんな…っ、ノックされ、ふぁ、あ、あああ…〜っ♥」

容赦なく、お腹の奥を突き上げる彼の責めに泣きの言葉が入る。
びくんびくんっ、と上半身が思いっきり悶て、大きな胸を突き出しなあら上を仰いでしまって。
恋人のように、手のひらを合わせた両手がぎゅっと掴んで、更に飛ばされている事を教えてしまって。

(あっ、ああ…っ♥ こん、な…っ、あ、ああ、あ…〜っ♥)

意識を保とうにも、彼女の腰が浮かされ、叩き込まれるとひと溜まりもない。
蕩けたイキ顔を隠すことも出来ないまま啼かされ続ける。

「そんなっ、ひぃ、あ、ああ…っ♥ 激しく、突き上げるのっ、あ、ふぁ、ああ、ああ…〜っ♥」

すっかりと熟れてきたね。最初から待ち遠しかったみたいだけど。
彼の聞こえる声に羞恥で拒絶するように小さく首を振るが、彼の腰使いに乱されてしまって。
こんこんと打ち付ける腰使いに、うっとりとリズムを合わせて腰を振りたくってしまう。

そのたび、彼女の大きな胸が上下に揺れ動いてしまって
物欲しそうに大きく勃起した胸の先端が、彼の目の前で無防備に晒されてしまう。

「あ……っ♥ そん、な、あ、ひぁ……っ♥ ひぃ、あ、ひぁ、あああ……〜〜っ♥」

両手が離れれば、彼に持ち上げられて逆側に押し倒される。
彼の自重を思いっきり掛けられた種付けをするためのプレス姿勢、お腹の奥を思いっきり押し込まれて。
ずんずんっ、と響く強烈な突き上げに悶えさせられ、ベッドと板挟みにされてしまい。

「あ、ふぁ、あ、ああ…っ♥ むね、そんな…ふぁ、ああ…〜〜っ♥」

同時に大きな胸を両手で思いっきり揉みしだかれる、
敏感な乳首を指先に挟み込まれ、突き上げと同時に擦り上げられ絶頂させられて。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

263 名前:桜アクビRE 投稿日:2018/02/25(日) 15:44:41 ID:QxwYbCpc
>>257

ゲフェニアの調査は順調だった。此処のモンスターは彼女達には役不足で到底苦戦するような相手ではなく。
相手が数で攻めてきても戦闘経験をしっかりと積み上げた彼等を動揺させる事すらない。

言うならばただの作業であった。

「……この程度の相手なら、幾ら来ても問題ありませんわね」

だがそんな状況に関わらず彼女の表情は何処となく余裕がなく周辺を警戒する様子は解かれない。
時折にその長いスカートのスリット付近を抑えながら身体を強張らせていて。

「思った以上に淫魔の連中に出会う確率が多いな」
「そう、ですわね。彼等の居る場所の分布が変わったのかもしれませんわ」

最初の速度ポーションの効能が消えたあたりで感じる違和感。
彼等を倒せば倒すほど、まるで呪いのように性的な衝動が大きくなっていくのを感じる。

(……視線を感じます、わね)

その違和感は2本めの効果が切れたあたりで確信に変わっていく。
桜アクビ自身、ただでさえ目の前のインキュバスを相手にするたびに過去の記憶が揺さぶられて。
身体の奥からの疼きに悩まされている、と言うのに、彼の視線がそれを悪化させる。

視線が彼女の胸元に、お尻に突き刺さる。
身体のラインを舐め回す獲物を見るような視線に彼は気付いてるのだろうか。

「随分と調子が悪いみたいだが、大丈夫か?」
「問題、ありませんわ…っ、それより、貴方こそ大丈夫です、の?」
「疲れはないが、スキルの使いすぎはあるな」

思った以上に平気そうな彼の様子に自分だけなのかと思ってしまう。
彼の視線に関しても自意識過剰なものなのかと、本当は自分が犯されたいだけではないのかと。

それを認識した途端に、お腹の奥から疼くような感覚が強くなる。

「………〜〜っ♥」

声には出せない強烈で、甘美な快楽が走り抜ける。
あの時のインキュバスではない相手とは言っても彼女には遅効性の毒のように蝕んでいき。
呼吸も荒く、艶めいた姿を晒していくそれは次第に彼の視線を奪っていき。

「そろそろ一度、宿に戻って休むとするか」
「んっ、あ…っ♥ ちょっと、その、触らないでくださいませ…っ♥」

不意に触れる彼の腕に抱きすくめられるようにして、胸元に触れる腕に勝手に反応してしまう身体。
周囲を徘徊するサキュバス以上に、彼を性的に意識させてしまったのかもしれない。
身体に当たる彼のものを感じた途端に身体の力が抜けて、彼の身体にしなだれ掛かって柔らかな身体を無防備晒して。

「わかり、ました…っ、戻って、休みます、わね…っ♥」

それが自意識の過剰なのか、彼も呪いの影響を受けたのか分からないまま。
二人で寄り添って近くの宿屋まで転移をするのでした。

                          - - -

「んっ、れろちゅ…っ♥ はぁ、ん…っ、こんなに固くしてる、なんて…っ、ん…っ♥」

宿屋の部屋に入れば、聖職者である事を忘れたかのように、彼の肉棒にむしゃぶりつくように奉仕し始める。
彼も随分と猛っていたのか、桜アクビの頭を掴むようにしてその唇に深く突きこんでいき。

「随分と欲しかったみたいだな、夢中になって飲み込んでるじゃないか」
「むう、ん…っ、うう…っ♥ んん……っ♥」

彼の言葉に抗議するように、違うとその目線で睨みつける桜アクビ。
けれど、色欲に支配された双眸は濡れて、上目遣いで媚びるように彼を見つめてしまっていて。

指先はぐちゅぐちゅと自分でおまんこを弄り回してしまう。
羞恥に震えながらも、身体は言う事を利かなくて本来あらざるはしたない行為をしていき。
ご主人様に奉仕するのが嬉しいかのように、蜜を溢れさせ、室内に牝の臭いを広げては蕩けていってしまい。

(こんな事しては…っ、いけません、わ…なのに、んっ、ああ…〜っ♥)

衣装からまろびでた大きな胸、その先端を指先で摘まれるとびりびりと電流が走るように震えて。
唇で咥えたまま、軽く絶頂したように唇が、喉が震えて、彼の肉棒にその震えを響かせては更に興奮を高めてしまう。

「本当に淫乱な聖職者なんだな、桜アクビは、躾けられたって噂もあるらしいが」
「んっ、ふぁ、ちが…んっ、ふぁ、ああ…っ♥ んっ、うんっ、はぁ、う…んっ、ちゅる、る…っ♥」

否定したい気持ちと裏腹に、弄られると漏れる声は室内に甘く響いて。
こりこりと固くなった乳首の先はスイッチのように、こすられ、引っ張られると彼女の身体は面白いように反応して。
唇がちゅるちゅる、と恥ずかしい音を立てながら奉仕する中で、桜アクビの身体も発情していく。

舌先を使ってれろれろと先端を舐めあげて、唇でちゅう、と吸い上げるように前後に擦って。
その間にも自慰を繰り返す指は自らのおまんこを柔らかくふやけさせ、小さな絶頂を繰り返しては唇に響かせる。

「はぁ、うん…っ♥ んっ、こんな…んっ、うんっ、ん……っ♥」

まるで金剛が掛かっているような固く反り返った肉棒の感触。
喉から突き抜ける淫臭に酔わされながら、頬に擦り付けるように顔を動かして。

「そろそろ出そうだ、口で受け止めてくれよ」
「は、ひ…っ、んっ、んう…っ、はぁ、うん……〜っ♥」

喉の奥にたっぷりと流し込まれる精液を受け止めて、呼吸も忘れるようにごくごくと飲み込んで。
頭を掴まれたまま、舌先で舐めあげ、唾液と一緒に精液をじゅるるっと絞りだして。

ようやく解放された桜アクビは口元を抑える。
溢れそうな精液を両手で抑えるように口元に重ねたまま、れろ、りゅるっと飲み込み。
舌先を動かして口腔の精液を舐りながら、嬉しそうに味わっていく。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード