■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201-276 前100 新着レス 最新50

【18歳未満進入禁止】みんなで創る18禁小説Ragnarok ♀×♀ 第6巻【百合】

1 名前:226&;&;&;&; 投稿日:2007/11/19(月) 18:56:57 ID:Dch1lsTM
このスレは、萌えでなおかつ女性同士のえちぃ描写の含まれる自作小説の発表の場です。
・ リレー小説でも、万事OK。
・ 萌えだけでなく燃えも期待してます。
・ このスレでの『えちぃ』基準は、「手淫」(オナーニ)だとか「目合い」(セクース)だとかのレベルです。
・ どのジャンルの文神様でも大歓迎!書いてて百合になった小説は是非こちらへご投稿ください。
・ あえて許容範囲を大きくしてあります。読者様もおおらかな気持ちで受け入れてください。
・ 保管庫を積極的に利用しましょう。作者自身で保管してしまうのが一番。不完全でも誰かが直してくれます!
・ 題のわからない作品は仮題をつけて保管。作業内容はここか保管庫で報告。
・ 現在保管庫は垢ハックアドレス対策のため編集規制中です。
・ 投稿も感想も気軽に書き込み、温かく受け入れる雰囲気を作りましょう!

▼小説内容に関して
--------------------------------------------------------------------------------------------
・ ♀×♀の絡みをメインに据えた小説でお願いいたします。
・ 特殊ジャンルは苦手な人もいるということを考慮してやってください。
・ ふたなり、グロは冒頭に注意記述を。
・ 話の流れ上どうしても必要なら主人公を殺すのもアリとします。ただし描写はソフトに美しく!
・ 話の流れ上どうしても必要なら♂との絡みが入ってもOKとします。ただしあくまでも百合がメインで!
--------------------------------------------------------------------------------------------
▼リレールール
--------------------------------------------------------------------------------------------
・ リレー小説の場合、先に書き込んだ人のストーリーが原則優先なので、それに無理なく話を続かせること
・ イベント発生時には次の人がわかりやすいように
--------------------------------------------------------------------------------------------
※ 読者各位様は、文神様各位が書きやすい環境を作るようご協力をお願いいたします。
※ 文神様を拒絶・萎えさせるような発言はご遠慮くださいますようお願いいたします。

前スレ
【お子チャマは進入禁止】みんなで創る18禁小説Ragnarok ♀×♀ 第5巻【百合】
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1164307704/

保管庫
みんなで作る小説Ragnarok ♀×♀萌エロ保管庫
ttp://f38.aaa.livedoor.jp/~charlot/pukiwiki3/pukiwiki.php

♂×♀スレ
【18歳未満進入禁止】みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十六冊目
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1176575956/

227 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/02/08(火) 12:37:15 ID:bK30b18w
みてるよー

228 名前:sage 投稿日:2011/03/15(火) 20:51:20 ID:wqjZkf7g
どなたか♀プリさんとフタナリハンターさんの小説保管してるところわかる人いますかね

プリさんのふとももでしごいてる感じのやつだったきがした。

229 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/16(水) 18:38:34 ID:oew.WAuo
>>228
ForbiddenDoorの事かなかなり昔のサイトだけどLog辺りにRO小説が残ってた気がする。

230 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/19(土) 17:37:59 ID:A9m3Uj3w
ttp://www.asahi-net.or.jp/~sk5t-kwd/rag01.htm
探したら意外とみつからなかった・・

231 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/31(木) 20:54:41 ID:IHb/sKso
ふと思いついたので、今日も需要を読まずに…とおもったんだけど、
微妙に>>201 + >>214 な小咄で一つ


「にゃー」
「………」
「にゃー…?」
「………はぁ………」
「にゃあぁ(泣)」
「ああもう、お願いだから泣かないでよ…私の方が余程泣きたいわよ………」
 にゃーにゃーと泣きながら鳴く相方を前にして、私は文字通り頭を抱えて居た。

 事の起こりは数時間前。
 ティアが新しい装備をげっとしたーと言って、ヒュッケの耳と尻尾を入手して来て。
 更に露店をしていたアルケミストから『ネコの気分が味わえる薬』なる怪しげな薬を
買って来たのが始まりだった。
「ネコの気分ってどんな感じかなって思ってね。だったら、やっぱり耳と尻尾じゃない?」
「そ、そう…なの?」
 それは単なるコスプレじゃないのだろうか。
「そう! 絶対間違い無いよ! だって、エリシーだって良く『物事は形から入るのが良い』
って言ってるじゃない」
「いや、ここでそう力説されても…ねえ」
 そう言う意味で言った訳じゃないんだけどなあ。
 随分盛り上がってるティアを前にどう反応して良いか解らないで居ると、
「と言う事で、早速実験実験ー♪」
 と、ティアはいそいそとヒュッケ耳と尻尾を装備した。
「って、貴女が実験するの?」
「ほえ? だって、エリシーが『こう言うのは言い出しっぺの法則ってのがある』っていつも
言ってるじゃない」
「…ま、まあ確かに………」
「流石に自分でやりたくて買って来たのをエリシーにお願いするなんて無茶な事は出来無いよ」
 てっきりこっちに火の粉がかかって来るのかと思って居たのだけれど、そう言う訳では無いらしい。
 内心ほっとしつつティアを見て居ると。
「では、いざ試さんネコの気持ち! ごっくん」
 と、件の怪しげな薬をあっさりと飲んでしまった。

232 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/31(木) 20:55:45 ID:IHb/sKso
 で、少しするとティアが『にゃー』しか言わなくなってしまったと言う訳で。
「ネコの気持ちが解るんじゃなくて、ネコになってしまう薬だったのね…」
 後でそのアルケミストを探して〆て置こう。
 そんな事を考えながら、さてどうした物かとティアを眺めて居たのだが。
「にゃー」
 ぴくぴく。
 ………ん?
「ねえ、ティア」
「にゃ?」(と言って首をかしげる)
「もしかして、耳とか尻尾、自分の意思で動かせる?」
「にゃにゃ?」(どうだろう?と言う顔をしながら)
 ぴくぴく。ぱたぱた。
「うにゃ」(頷く)
「へぇー…何か本当にネコになってるのね。………てか、装備が体の一部として同化してるのかぁ」
 そう言いながら、何となく興味を引かれたので、耳に手を伸ばして見た。
 さわさわ。
 あ、ちょっと本当のネコの耳触ってるみたいで気持ちいいかも。
「にゃああ」
 見ると、ティアも気持ちが良いのか、目を閉じて撫でられるがままになって居る。
 ごろごろと喉を鳴らしかねない感じだ。
「ふーん…じゃあ、尻尾はどうなんだろうね?」
 私はそう言いながら、尻尾を軽く握って見た。
 その途端。
「ふにゃっ!!」
 びくーんと、体を強張らせるティア。
「え!? な、何!?」
 余りの反応に、ちょっと虚を衝かれた感じになる。
「………」
 何となく、もう一度軽く握って見た。
「ふにゃあっ!!」
 また同じ様に体を強張らせるティア。
 これは………。
 何となく、頭に浮かんだ考えを確かめるべく、尻尾を軽く握ったまますすっと手を滑らせて見る。
「ふにゃああぁぁぁ」
 そして、予想通りガクガクと体を震わせるティア。

233 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/31(木) 20:56:47 ID:IHb/sKso
「こ、これは………」
 手をぱっと離すと、体から力が抜けてしまったようにティアはその場に崩れ落ちてしまった。
 そう言えば『ネコは尻尾が敏感だから触られるのを嫌がるのも居る』と言う話を聞いた事が
あるような気がする。
「うにゃぁ………」
「ご、ゴメン、悪気はなか…った……の……」
 しかし、私の言葉は最後まで続かなかった。
 恨みがましそうに?見上げたティアの顔が赤らんで居て、目尻に涙が貯えられて居るのを見た瞬間。
 私の中で何かが崩れ去る音がした。


「にゃああ! にゃあああ!」
「ふふっ、尻尾だけでそんなに感じちゃってる? 全く、ティアは本当にイケナイ仔猫ちゃんね」
 ベッドの上に猫化した相方をうつ伏せに寝かせると、私は尻尾を重点に攻め始めた。
 右手で輪を作る要領でつけ根から握り、すすすっと先端へ向けて滑らせる。
 ネコの毛の手ざわりが気持ちよくて少し手にくすぐったい感覚だが、それだけでティアは
体をガクガクと震わせて居る。
「にゃあああ!」
 先端まで滑らせた所で、今度は左手で同じ様に尻尾のつけ根を握り、同じ様に滑らせる。
「にゃあ! にゃあああ!」
 ティアは頭をぶんぶんと振りながら、快楽に堪え切れずに声を上げて居る。
 尻尾ってそんなに気持ちいいのかなぁと、そんな考えが頭に軽く浮かんだが、そんな思考は
すぐに目の前で乱れる相方の様子に飛んでしまう。
「手を滑らせただけでこうなっちゃうんだったら………こうしたら、どうなるかな?」
 そう言って両手で軽く尻尾を握って見た。
「にゃ!? にゃ、にゃああ! にゃーーーー!!」
 その瞬間、びくーんと体を弓なりに強ばらせてティアは達してしまった。
 そのまま、ベッドに崩れ落ちてしまう。
「はぁ、はぁ、はぁ………」
「あら…そんなに良かったんだ。…ふふっ、でも、本番はコレからよ?」
 肩で息をするティアの頬に軽くキスをすると、すっかり洪水になってるティアの下着を取り払う。
 そして指を這わせると、ティアのそこは難なく私の指を飲み込んで行った。
「ふにゃ!? にゃあ、にゃああ!」
 軽く指を動かすと、ティアはまたいい声で鳴き始めた。

234 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/31(木) 20:57:45 ID:IHb/sKso
 しかし、私が動かして居る指を止めようとして居るのか、尻尾が私の右腕をぺしぺしと叩いて居る。
「………そうだ」
 ふと思いついた悪戯。
 私はティアの中から指を引き抜くと、尻尾を捕まえた。
「にゃっ!」
 尻尾を掴んだ瞬間、ティアの体がぴくんと反応する。
「尻尾でティアのここを苛めたら…どうなっちゃうんだろうね?」
「うにゃ!? にゃあ、にゃああ!」
 私の意図に気がついたティアが逃げようとしたけれど、今までの私の攻めで力が抜けて居て
体が動かない。
 そして私は、尻尾の先端をティアの中にゆっくりと挿入れて行った。
 苦もなく尻尾を飲み込んで行くティア自身。
「ーーーっ!!!」
 そして声にならない声を上げるティア。
 そのまま尻尾を出し入れして居ると、ティアの体がガクガクと震え出してきた。
「ふふっ…そんなにいいんだ」
 そう言いながら、段々と出し入れする速度を上げて行く。
「にゃ、にゃあ! にゃああ! にゃああっ!!」
 段々と追い詰められたようにトーンが上がって行くティアの鳴き声。
 そろそろ限界が近いらしいのが解ったので、最後に私は尻尾をティアの中に深く差し入れてやる。
「にゃ、にゃあ、にゃああああーーー!!」
 そうして、一際高い鳴き声を上げてティアは果てた。

「うわあああん、エリシーのバカ! ヘンタイ! スケベ! エッチ! 人でなし!」
 でもって。
 その後すぐに薬の効果が切れて猫化が解けたティアに、私はぽかぽかと殴られて居た。
「うあ、痛い痛い。だからゴメンってば」
 STRはティアの方があるので、正直言ってティアに本気で殴られるとかなり痛い。
「ひどいよ、エリシーってば…私があんな事になってるのをいい事に散々弄んで…ううっ、ぐすっ」
「本っ当にゴメン。…でも、それだけ愛してるって事なのよ」
「ふーんだ。そんな言葉じゃ誤魔化されないも〜んだ」
 ティアはそう言ってぷいっと横を向いてしまった。

235 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/31(木) 20:58:09 ID:IHb/sKso
 ありゃ、これは本気で怒らせちゃったかな…?
「ねー、本当にゴメンってば。もう、何でもするから機嫌直してよー」
「…何でも?」
 ふくれっ面のティアが、目だけをこちらに向けて聞いて来た。
「うん、何でもするから。それで赦してくれる?」
「………ふっふっふ………」
 そう私が言った瞬間、それまでふくれっ面だったティアは何やら怪しげな笑みを浮かべた。
「…え、な、何?」
「はい、言質取りました〜。エリシー、本当に『何でも』するのね?」
「え………う、うん………」
 何だろう、この展開。何やら危険な兆候が…。
 と、思っていたら。
「じゃ、これ付けて♪」
 と、差し出されたのは。
「これ…さっきティアが付けてたヒュッケ耳と尻尾じゃない…」
「そうだよ〜。そして、エリシーはそれを付けたらコレを飲むの」
「………あ」
 そう言ってティアの右手に握られた小瓶には。
「…『ネコの気分が味わえる薬』………まだあったのね」
「うん、今度は私がイケナイ仔猫ちゃんにお仕置きをする番♪」
「………あは、あはは………」
 これは大変だ、一体私は何をされてしまうのだろう。
 そして、そんな状況を受け入れようとして居る自分にも驚いてしまった。
「ね?」
「………わ、解ったわ」
 そう言いながら、私は少し震える手でそれらを受け取った。

 イケナイ仔猫達の宴はまだまだ終わらないらしい。

236 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/03/31(木) 21:00:42 ID:IHb/sKso
以上でありんす


この話を書いた後にらいぶろの騎士娘スレ見に行ったら丁度しっぽの話題になっていて吹いたw
そんなおいらは3年ほど前あそこに駄文を放ってた人だったりなんだり

前回も感想ありがとうございました
また思いついたら置きに来ます

237 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/04/07(木) 11:30:28 ID:CwJgzFFo
GJ
さぁ続きを書こうか

238 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/05/14(土) 22:28:40 ID:6nAWTDzs
確かに、オペリコンで敵地丸見えなのはやりすぎな気がするなぁ

・敵地にも打ち込めるけど、詳細は会うまで判らないとか
・味方機が進行した範囲から+の距離にしか打ち込めないとか
・オペリコンは目立つような外観で、且つ敵が破壊できるようなオブジェクトになっているとか

ある程度の制限がほしい気はする。
リロードだけじゃ余りw

239 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/05/14(土) 22:31:14 ID:6nAWTDzs
すまん、ごばくったw

240 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/06/04(土) 20:19:16 ID:RsFF6uMc
保管wiki更新できなくなってる・・・っぽい?

改めてレニャチェリ読んでるけど、これいいなぁ
チェリム可愛すぎる
レニャチェリの人元気かな〜

241 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/02(金) 10:28:19 ID:m7e0cm7U
その保管wikiなんですが、サービス終了のアナウンス来てますね

> AAA!CAFEは、2001年より無料ホームページサービスを提供させて頂いておりましたが、
> 2011年12月1日(木)を持ちまして、サービスの提供を終了させて頂く事となりました。

AAA! CAFE - 無料ホームページサービス
ttp://www.aaacafe.ne.jp/

移転とかも含めて何か考えないといけないんでしょうけど、管理人さん居るのかな?

242 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/12(月) 04:14:18 ID:d/FmpLiU
アダルト可な無料サーバーは探すのが難しいかもね

243 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/12(月) 10:04:39 ID:Lm.p83Go
少し時間貰えるなら、俺が借りてる鯖(アダルト可)に避難所的な物を設置出来ると思います

問題は俺wikiって無料レンタルの奴は借りた事有るけど自前設置って
やった事無いんだよね
設置テストとか色々やってみるからそれで良ければ待ってくだしあ

で、誰か教えて欲しいんですが、この保管所wikiさんって、
他の小説スレのも同じ管理人さんなんですかね

244 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/12(月) 12:43:08 ID:SIQsAL.E
普通の18禁小説スレとここは同じだと思う
アドレスがごく一部違うだけでほぼ同じなのでそう予測

245 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/12(月) 13:09:45 ID:Lm.p83Go
おk、情報感謝

そうなると、幾つかある保管所の数分避難所の設置が必要な訳だが、
実際設置するとしてそれを各スレに告知してたらマルチポストだと言われかねないな…

まあ、実際設置出来ると確定してからそこは考えるか
取り敢えず期待しないで待って居て欲しい

246 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/12(月) 13:38:31 ID:lF/oltfE
関係スレに告知出すのはマルチポストとはいわんだろ。

ひっそり応援してるから、出来る範囲で頑張って欲しい。

247 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2011/09/12(月) 23:31:45 ID:U5EtuKVg
2chで使ってたトリップが使えるかのテストを兼ねて

取り敢えずwiki設置自体は凄く簡単にできた事と、
現在は格納されている作品の移植作業を行っている事を報告します
完成形になってからここでアドレス公開した方がいいのかな

>>246
ありがとう、以外と何とかなりそうだ

248 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2011/09/12(月) 23:32:56 ID:U5EtuKVg
んで一つ問題点が
それはいくつかのページが凍結されているため、ソースのコピーを取れない事
あの辺は手作業でやるしかないのかなと思いつつ

249 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2011/09/14(水) 11:52:13 ID:1kdB2CZA
まいど、>>243です
問題点はページの「差分」を見る事でソース取得出来るので解消
現在おおよそ6割程度の作品を避難所にこぴった所です

ただ「スレ別作品一覧」が、検索を利用して表現してたらしいんですが、
どうもそれがうまく行かないと言う別な問題点が発覚
これは検索利用じゃなくてページ1枚作る事で解決する予定

て事でまだ作業中ですが一応見て貰おうと言う事でアドレス公開します

FrontPage - みんなで作る小説Ragnarok ♀×♀萌エロ保管庫 の避難所
ttp://mmo2ji.2kki.com/ro/pukiwiki3/index.php?FrontPage

まだ百合スレ分しか避難所作って無いのでここのみで告知して置きます
関連スレは設置出来た時点で告知行って来ます

250 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/09/14(水) 13:31:25 ID:9U/hiwjo
設置お疲れ。
仕事早いんでびっくりだよ。

251 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2011/09/15(木) 07:42:10 ID:rxhilvuk
それがまあ、仕事が忙しくて余り時間取れないので、時間ある時に
一気に作業しないと進まないんですわ
昨日は結局全然手つかずだったし

それはそうと、萌え小説スレの2年ほど前の書き込みで気になるレスが

ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1181895495/43

「保管所は閉じずに置いておきますね」と言う事は、管理人さん戻ってくる
事が無いのだろうか…

252 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2011/09/30(金) 09:25:34 ID:9m.8arEk
申し訳ないっす、仕事忙しくて半月程放置してました
現在の進捗は、取り敢えず現在保管所にある作品については避難所にこぴぺ完了
あとは検索使った作品一覧やら作者様一覧やらが手つかず
と言うかこれ何かのプラグイン?教えてエロイ人

253 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2011/09/30(金) 09:54:24 ID:9m.8arEk
連投失礼、原因判明
検索プラグインの設定変更が必要でした
これは今変更出来る環境が無いので、仕事終わって帰ってからやります

て事で、取り敢えず百合スレはFrontPageの体裁を整えて、プラグイン設定を
変更した時点で作業完了とします
また名無しに戻りますが何かあればスレ又は避難所の掲示板等で言って頂ければ
対応します


さあ次は他のスレの避難所の準備だ

254 名前:名無したん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2011/10/01(土) 16:39:35 ID:/cinH6u6
お疲れ様です。
Good Job!

255 名前:243 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/02/12(日) 21:38:18 ID:nWigYpRY
wikiの中の人です

他スレで要望がありましたので、次のような物を設置しました

Ragnarok Online エロ作品投稿所
ttp://mmo2ji.2kki.com/ro/eroda/

「えROろだ」とでもお呼び下さい
過去にあったえろだの代替えとしての利用を想定しています
その為スクリプトは同じ物を利用しています
現在最大アップロード可能サイズは5Mにしていますが、
サイズ変更要望があれば逐次受け付けます

256 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/02/12(日) 22:24:03 ID:W24rojd2


257 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/09/07(金) 03:26:12 ID:rErGDIEE
|, ,_
|∀゚)
|⊂ノ

258 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/11/26(月) 07:21:23 ID:THc1RXLw
ちょっと思い付いたから、書き込みたいんだけど……やまなし意味なし落ちなしなんだよなぁ。

259 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/11/27(火) 22:56:32 ID:yscCAdCk
まずは書くんだ。話はそれからだ

260 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/11/28(水) 14:15:05 ID:fFiWf/e6
じゃあぼつぼつ書いてみる。書きためできたら投稿するわ。

261 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/11/28(水) 19:03:25 ID:MNHVryb.
ここで投稿してもいいし
えろだで投稿してもいいよ

262 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/11/30(金) 10:37:25 ID:Z0QfvgJ2
書いてるけど、冒頭からまるで会話のないモノローグだらけで、悪い小説の特徴を満たしてるなぁ。

263 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/02(日) 23:03:55 ID:R.LYaVls
背景説明をまずしないといけないから、仕方ないんじゃね?
いきなり会話の流れをやりつつ、人物相関図や背景を読者に理解させるのは
かなり難しい気がする

264 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/03(月) 16:07:37 ID:zRtOvqhM
 誰でも裏の顔がある。人によって接する態度が違うのは、当然。それを『騙された』なんていうのは、自分勝手な証拠、なんだと思う。

 私こと、アリア・アーシィは冒険者をやっている、それも成功した部類に入るだろう。職業は暗殺者――と言っても人を殺したことなどない――だが、今の世の中ではどちらかという単に技能特性のみを指すから、アサシンクロスのほうが適切だ。

 冒険者のお決まり(テンプレート)通り、私もまた貧しい環境から冒険者を志し、幾度もの危機や冒険を乗り越え、やがて力をつけ、腕前ひとつで財を成した。
我ながら教科書に載せたいような立身出世だと思う。同期の冒険者の多くがむなしく骸を晒したことを思えば、その幸運は驚くばかりだ。

 けれど私は一人だった。ずっとずっと、少しでも強くなることに執着していたため、自分が天涯孤独であることについ最近まで気づくことはなかった。

 そして強くなった私は、暇をもて余した。


 プロンテラはルーンミッドガッツの首都だ。ここは全ての交易の起点であり、また終着点でもある。
多少なりとも経験を積んだ冒険者であれば、敢えてここ以外に拠点を構えることはないだろう。
私もまたその一人だ。路地裏のスラムからスタートし、数年経った今ではメイドつきの屋敷に拠点を置き、お抱えの商人が何も指示しなくても買い取りと転売を繰り返し、財が増す。正直なところ最早狩りに出る必要すらない。
パトロンとして私兵とでもいうべき冒険者を多く抱え、不測の事態に備えて資産も分割している。
私とて社会の暗部はたくさん見てきた。王室への献金と政治的パイプ作り、実力としての私兵、武力と財力を背景とした数々の特権。ここまで来れば立派なお貴族様だ。スラム生まれの卑しい平民に、今や貴顕の身がおべっかを使いすりより、私もまたそれに応える。気づけば随分黒くなっていた。

だからだろうか。退廃的な、一時の快楽に身を委ねたくなったのは。私はローブを纏い、スラムに足を向けた。


 スラムは何も変わっていなかった。当然だ。国も、そして成功した私たちもここを省みることなどないのだから。
輝きを増す首都プロンテラとは対照的に、冒険者ブームで人口ばかり増大した煽りを受けて急速に拡大したスラムは、路地の端々や城壁の外のバラック街、果ては下水路にまで広がり、その規模たるやプロンテラそのものをも凌いでいる。
身なりのいいものがここを訪れれば殺されても文句は言えない。治安当局の目もここには届かない、まさしく無法地帯なのだ。

(ぼろを纏うのも、久々だな)

複数ある盗賊ギルドの有力なパトロンである私は、本来ならば無害通行権が与えられている。どれだけきらびやかな姿で来ようとも絶対に害されることもないし、仮にあったとしても返り討ちにするのはいとも容易い。だが、この日は敢えてぼろを纏ってきていた。

「そこのお兄さん、どうだい。安くしておくよ」

 男装した私に、客引きの声がかかる。見れば、顔馴染みの業者だった。自らの目論みが成功したことに内心笑いつつ、目配せひとつで関わるな、と告げる。男は嗅覚に優れているのだろう。それだけですごすごと引っ込んでいった。

 娼街。都市であれば必ず形成されるそこに、私はいた。
世界都市の様相を呈するプロンテラではこの手の施設は行政に嫌われ、街区浄化政策によって表の首都からは一掃されたものの、地下に潜った後は当局の手が届かないのをいいことにやりたい放題であり、無秩序にして乱雑な発展を遂げていた。
今では裏のプロンテラとしてガイドブックが出回り、やんごとなき身分の者すら夜になれば女を抱き、男に抱かれ、ご禁制のクスリを吸い、博打に興じる。退廃の魔都がそこにはあった。笑える話だが、パトロンである私はこの街で『黒の女伯』と呼ばれているらしい。

265 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/03(月) 16:09:08 ID:zRtOvqhM
 女を抱こうと思ったことにさしたる理由はない。ただ、私は誰に対しても優位にたちたかっただけだ。抱いただけで私を虜にしたと勘違いされてはたまったものではない。ただの気まぐれ、暇潰しなのだから。

「それにしても、雑多なものだな……」

 退廃的な享楽に身を委ねれば退屈も少しは和らぐかと思っていたが、見れば見るほど覚めていく。増して、私が少なからず目の前の景色の構成に関わっているとあれば。とはいえ私が関わらなければ、ここは本物の無法地帯と化し、利益どころか流血と殺戮の舞台となるだろう。悪には悪の法が必要なのだ。そうして庇護した恩恵を受け取ろうとしたのだが、やはりつまらない。

(帰るか……)

 女の一人や二人、思えば秘密厳守でいくらでも自宅に呼べたはずだ。ぼろを着てまでここにきたのは酔狂としか言えない。馬鹿馬鹿しい。と踵を返しかけたそのとき。

「あ、あのっ……!」

 消え入りそうな声で、誰かが私を呼び止めた。

「……」

 フードを目深に被り、月明かりをを背に見下ろす。表情の伺えない私に怯えながら、路地に粗末なござを敷いただけの場所に座り込む女は、精一杯、と言った様子で言葉を次いだ。

「……こ、ここに、買いに来たのですよね……?お、お願いです……わ、私を買ってください……!」

 それだけ言うと、女は俯き、押し黙った。白皙の頬が羞恥に紅潮し、目には屈辱の涙を浮かべているのだろう。腿にはぽたぽたと水滴が落ちていた。
姿をざっと観察すれば、かなり薄汚れているものの、冒険者、それもジュノーで高等教育を受けたセージと知れた。冒険者は一種の身分差別政策として、外出の際には指定した服装を身に纏う事が義務付けられている。私とてぼろの下にはアサシンクロスの服装を着用しているのだ。だが、

「冒険者の売春は、禁じられている。知らないのか?」

 声色を変え、威厳ある男の声で語りかけると、娘は体を震わせる。まだ若い。私も若いが、さらに年下だろう。私を役人かなにかと勘違いしたのか、怯え方は尋常ではなかった。

「……存じています……!けれど、どうしてもお金が必要なのです……!だから、どうか許して下さい……!」

 役人ならまだいいが、ギルドを通さない客引きは制裁の対象である。その意味で私はなお悪い存在と言えた。周囲を見れば、既にして囲まれている。私がどう言おうが、娘は拉致され、無事では帰れないだろう。

「素人が路地に足を踏み入れて、無事と思う方が間違いなのだと言うのに……」

 あきれて呟くと、娘は両腕で自分を抱き、身を縮めて震える。よほど切羽詰まっていたのだろうが、今はじめて自分の行為の軽率さに気づいたらしい。
姿を隠していた男達も次々と姿を現し、武器を手に距離を詰める。

「旦那……悪いがその女を渡してくださいまし。理由はお分かりですね……?」

 先程の陽気さを捨てて業者の男が詰め寄る。彼の言うことは正しくないが、正しい。自分達を無視して直接営業をするのを許していては、商売以前に面子に関わる。路地とは、そういう世界だ。私にはわかりすぎるほどわかる。引き渡そう。無知で無謀な女一人、どうでもいい。そして家に帰って、改めて女でも呼ぼう。そこまで考えたとき。

「……助けて……」

 無力なその手がぼろの裾を掴んだ。

266 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/03(月) 16:10:41 ID:zRtOvqhM
 振り払うのは容易い。寧ろ私の立場からすればそうすべきだろう。覚悟なく路地に足を踏み入れた女は、代価を支払う必要がある。

「私に頼るな」

 娘の表情が絶望に曇る。嗜虐心が込み上げた。一時の玩具にするには、いいかもしれない。となれば、

「助けたくなってしまう……!」

 包囲していた男達の雰囲気が剣呑なものへと一変する。得物を手に取り、こちらを牽制した。

「旦那……やめときなせぇ。腕前には自信があるようだが、ここを逃げても追手がつきます……」

 自らも短剣を構える男に、私は口の端を吊り上げ、獰猛に挑発する。

「それは困ったな……では世界の果てまで逃避行か……あるいは皆殺ししかないようだ」

「しゃらくせぇっ!!」

 瞬時に四方から襲い掛かる盗賊達。私の自信から、相当な腕前と判断したのだろう。背後で震える娘をも狙い、私に不利な戦いを強いるその戦法は、合理的と言う他ない。
だが、彼我の戦力に圧倒的な差があればこそ、私も強気でいられるというもの。

「メテオ――アサルトっ!!」

 様々な毒薬を馴染ませたカタールを大きく一振り。衝撃波と毒風が周囲を襲う。経験と知識に基づいてブレンドされた毒のカクテルは、肌から浸透し、肺を焼き、神経を過敏にする。たちまち男達は周囲に転がり、激しく身もだえするだけになった。

「て、てめぇ……!」

 苦痛と怒りに顔を歪めながら男が睨み付ける。ひと呼吸毎に凄まじい激痛が走るはずだが、後遺症は残らないし、傷跡も、況して命に危険はないよう調整してある。毒とは便利なものだ。

「悪いが、貰っていくぞ。……駄賃だ、とっておけ」

 金貨の袋を投げ捨て、私はセージの娘を抱き起こす。腰が抜けていたらしい。自力では立ち上がれなかった。

「あ、あのっ。この人達は……」

「五分もすれば起き上がる。……どちらかといえば、お前は自分の心配をすべきだな」

 娘を抱えると、私は夜の街に溶けて消えていった。

267 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/03(月) 16:11:27 ID:zRtOvqhM
 当然だが、私はセーフハウスを用途別にいくつか抱えている。表の豪邸は言わば一般向けの張りぼてであり、真に重要なものはセーフハウスに保管するし、宮廷から敵視された場合に備えての、秘密基地的な役割を持つものもある。
そしてそのうち幾つかは廃墟や資材置き場等に偽装され、私しか所在を知らない。
私は娘を抱えながら、そんなセーフハウスのひとつに向かっていた。

「あ、あのっ…も、もう歩けますから」

 首都にありながら、人気の感じられない殺伐とした風景に不安を感じたのだろう。腕の中で娘が身をよじる。だが、元より解放するつもりなどない。

「どうした、買われる覚悟で来たのだろう?怖じ気づいたか?」

「――――っ!?」

 息を飲む。どうやら私が白馬の王子か何かだと思っていたらしい。おめでたいことだ。声色は変えたまま、脅しをかけてやる。

「命は取らん、金も支払う。特に問題はないだろう?そのためにあそこにいたのだから」

 娼婦に落ちたことを自覚させてやる。間近で愛らしい容貌が屈辱に歪むのを、私は愉悦と共に見ていた。

「わ……わかり、ました……けど、初めてだから……乱暴にしないで……」

 生娘か、ならば玩弄しがいもある。私は娘の胸を鷲掴みにすると、先端を強く捻った。

「ひっ!?んぅっ……!!」

 不意に手荒な扱いを受けた娘は声をあげようとしたが、予期していた私は素早く口を唇で塞いだ。顔を見られたが気にはしない。声色を使うのも面倒になっていた。

「お、女のひと……?」

「叫び声をあげたら殺す。わかったか?」

 呆然とする女が慌てて首を振るのを確認すると、私は口の端を吊り上げて歪んだ微笑を浮かべ、遠慮なく再び娘の唇を塞ぎ、口内を舌で犯した。たちまち身を固くするも、こちらも素人ではない。舌を触れ合わせ、歯を舐め、幾度も唇を擦り合わせて食む。やがて娘は脱力し、私に身を委ねるようになった。

 夜はまだ始まったばかりだ。

268 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/03(月) 16:18:58 ID:CyJxOnps
と、とりあえずここまで。評判よければ次書きます。

269 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/04(火) 23:23:47 ID:Px.3AiH.
いい感じだ
続き期待

270 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/05(水) 05:28:10 ID:uVRSG7VY
細かいとこまで描写されていてとても私好みですー
期待期待

271 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/08(土) 16:17:23 ID:Yh0qdVsc
素晴らしいじゃないか
わっふるわっふる

272 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/12/16(日) 07:56:48 ID:xibGSeHs
売春とかビッチとかヤリマンとか
最近そういう単語に無性にドキドキする

273 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2014/11/08(土) 04:02:11 ID:6PkbTwr6
みんなで作る小説Ragnarok ♀×♀萌エロ保管庫の避難所

ちょこちょこ覗いて荒されてるのを修正してたのですが
削除されてるページとかも出てきて見るも無残な事に…
どなたか保存してる方とか居ませんかねぇ

274 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2014/11/08(土) 04:04:50 ID:6PkbTwr6
ごめんなさいsage忘れました…
ホントごめんなさい

275 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2016/01/14(木) 01:57:12 ID:OJdHCsmg
wiki凄いことになってる

276 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/11/08(水) 10:03:55 ID:pjsLhAa.
テスト

262 KB
掲示板に戻る 全部 1- 101- 201-276 前100 新着レス 最新50
 名前: コマンド/メール(省略可):
read.cgi ver4.20 by GlobalNoteScript (2006/03/17)