■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301-316 前100 新着レス 最新50

【18歳未満進入禁止】みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十七冊目

1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2007/11/20(火) 23:22:39 ID:fIjeelgU
このスレは、萌えスレの書き込みから『電波キタ━━━((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃━━━━ッ!!! 』ではない
萌えでなおかつえちぃ描写の含まれる自作小説の発表の場です。

【重要】
18禁レートのスレッドは<<sage進行>>でおながいします。
(ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)

基本的ルール
・ マターリ厳守
・ 荒らしは完全放置。
・ ROまたは小説と関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・ コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。
・ コテハンの人も、荒れる元になるので暴走したりしないように慎重に発言しましょう。

ローカルルール
・ 萌えだけでなく燃えも期待してまつ。
・ このスレでの『えちぃ』基準は、「手淫」(オナーニ)だとか「目合い」(セクース)だとかのレベルでつ。
・ 特殊ジャンルは苦手な人もいるということを考慮してやってください。
 (タイトルに明記するとか、配慮を)
・ 催促はやめましょう。
 (絵、文を上げてくれる人は自分のプレイ時間を削って上げてくれてます)
・ 感想は無いよりあった方が良いです。ちょっと思った事でも書いてくれると(・∀・)イイ!!
・ 文神を育てるのは読者です。建設的な否定をおながいします(;´Д`)人
・ 文神ではない読者各位様は、文神様各位が書きやすい環境を作るようにおながいします。
・ リレー小説でも、万事OK。

リレールール
・ リレー小説の場合、先に書き込んだ人のストーリーが原則優先なので、それに無理なく話を続かせること。
・ イベント発生時には次の人がわかりやすいように。
・ 命の危機に遭遇しても良いが、主人公を殺すのはダメです。

板内共通ルール:
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/

みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説保管庫(Wiki):
ttp://f38.aaa.livedoor.jp/~charlot/pukiwiki2/pukiwiki.php

前スレ:
【18歳未満進入禁止】みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十六冊目
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1176575956/

267 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/02/21(火) 01:16:32 ID:C1IoLQdc
迅速な対応乙!
どこからかぎつけてくるのやらーですな
まさかこんな短時間にスパムが沸くとは

268 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/02/21(火) 08:10:15 ID:LDomMhWQ
ロダの対応乙であります。

269 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/02/21(火) 21:11:34 ID:UGrETa7E
毎度どうも、乙ありです

昨日のおいたした悪い人は…まあ所謂「操られPC」なんでしょうけど、ロシアドメインでした
露助許すまじ

で、調べていたら中華ドメイン弾くと言う基本を忘れてたので慌てて処置しました
現在.htaccessの記述を調整している所です
突然アクセス出来なくなったとか言う問題が出たら連絡を下さいませ

270 名前:199 投稿日:2012/02/25(土) 02:15:42 ID:AI6hSgFE
>>214
ロダ対応お疲れ様です。

そしてひっそりと続きをアップ

271 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/02/25(土) 03:04:07 ID:RGvhcGUs
操られ怖いな
定期的にちゃんと病原菌やウェアのチェックしないとね

>>270
うぽつ!
ぶっちゃけ書いてて一番難しいのがエロシーンだと俺は思う

272 名前:どこぞの『アイツ』 投稿日:2012/02/25(土) 11:01:38 ID:0mRu6YKE
>>214
管理お疲れ様です。ゾンビPCは本当に厄介な代物だそうで…
とりあえずゾンビへの特効薬どうぞ。
っ[グロリアスショットガン]

>>199
最後の一文に物凄い修羅場フラグ臭が…(背筋を震わせながら

273 名前:199 投稿日:2012/02/25(土) 23:59:05 ID:AI6hSgFE
>>271
エロシーン難しいですよねw
でも、こんだけ長いの書いてたらエロシーンもかなり濃厚にしないと…!

>>272
ええ、もちろん修羅場もありますよww
なかなか上手に文章にできてないですが・・w

274 名前:どこぞの『アイツ』 投稿日:2012/02/26(日) 02:16:15 ID:IvXkAR0w
エロシーンも難しいですが、それ以上に難しい物もありますよ。
堕ちる瞬間の心理描写…コレさえ掛ければ続きが投下できるのですがorz

275 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/02/26(日) 23:51:19 ID:SEbF.aZ.
どうも、アイツです。
ためしにトリップつけてみました。

エROロダに第三話追加しました。
ある意味コスプレ回。
それをさせる理由を書いたらなんかとんでもなく胡散臭くなってしまったorz

276 名前:199 投稿日:2012/03/05(月) 15:26:11 ID:aJPPMiYk
>>275 アイツ様
エロ書きながらストーリーを作れるって羨ましいですw
自分はストーリーの最後にエロってパターンが殆どなので…


そんなわけで30Daysも続きをうp。
今回から全文をZipに固めてあります。
ぬるいパートばっかりですが、ご容赦をw

277 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/03/06(火) 00:24:27 ID:EkPHsQK2
>>199
お疲れ様です。
むしろ自分はあなたの心理描写スキルがうらやましい。
ちょっと去来しませんかね?w

エロについては作中の扱い次第ではないでしょうか?
エロ(という行為)を目的(あるいは最終目標)として扱うか、それとも手段or通過点(ウチの現状だと支配を目的にした調教)とするかとか。
純愛ものの場合、そもそも気持ちが通じ合わないと濡れ場に移行できませんし。
(途中、あるいは開幕で結ばれてその後いろいろあったりする場合もありますが)

5日目の買い物のシーンラスト、なんとなくフェイサにどす黒いものを感じた気がしますw
男が女に服を買い与えるという行動もあいまってこう…うん。

あと、声優ネタなんでアレですが、アリアの声がCV:伊藤美紀で脳内再生される件について。
(もっとピンポイントだとアーマードコア4のオペレーターの声)

こっちは土曜日に書き上げるつもりが波が引いてテンション駄々下がり状態にorz

278 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/03/07(水) 15:27:17 ID:ddBrDp6c
女装少年かわええのぅ・・・

いつだったか旧えろだに、サキュバスに取り憑かれて女の身体になった子が
娼館で働く話あったけど・・・作者さん途中で行方不明になって残念だった

この手のネタは久々で期待せずにはいられない
どういう感じでどういう方向性に書いていくのかwktk

279 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/03/08(木) 00:24:21 ID:o9njN6yE
04話をUpしました。
状況が状況名だけに、ヒロイン(?)の心象変化の表現が難しいですorz

>>278
wktkを裏切らぬよう頑張りまする。
それと、お探しのお話、キーワード的にこのスレの>>249様の事では?

280 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/03/08(木) 19:35:30 ID:i1PQUN2g
楽しみにしてたけど04が見れない・・・なんかあるのかな?

281 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/03/08(木) 22:06:27 ID:o9njN6yE
申し訳ありません、完成したブツをZipに組み込まずUpしてしまってました。
再Upし、正常であることを確認しました。

282 名前:199 投稿日:2012/03/08(木) 23:36:55 ID:xnM6hkmo
>>277 アイツ様
4話も楽しく読ませて頂きました。
毎度毎度続きが楽しみで仕方ない!

そしてアリアの声ですが、セレン・ヘイズを挙げてくるとは中々通ですね…w
声について誰をイメージしたとかはないので、各人で脳内補完していただければと。

ついでに30Daysの続きをアップ
残り半数を切って、物語も架橋に入ります。

283 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/03/09(金) 23:10:44 ID:CX8ambIU
>>199
17thday拝読させていただきました。
ネタバレ防止の観点からであまり多くは申し上げられませんが…
一言で言えば『やっちまったなぁフェイサぁ…』でしょうか?(本来なら即答が唯一かつ最善の状況において)


声に関しては、10日目Aパートの
「……こうしてみると、私は存外暇な人間なんだな……」
という台詞を読んだとき脳内で突如自動再生が始まりまして…w

284 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/03/20(火) 22:22:54 ID:GwBfVwz6
お久しぶりです。
エROロダのファイルに短編(第四話のアフターストーリー)を追加しました。
ピロートークに挑戦してみたのですが、そもそも当夜は事に及んでいないのはこれいかに。

285 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/03/23(金) 00:31:35 ID:eR1NtN92
セレン・ヘイズはAC4じゃなくてFAだろと突っ込む

286 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/03/23(金) 23:13:51 ID:93mZmb4g
>>284 アイツ様
うぽつです。

 来たか!
  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

と思いましたが、どうやら私とは別の嗜好だったようで。
これからも楽しみに待っていますね!

>>285
そうだ、FAでしたw
FAばかりやっていたので、つい勘違いを…w

そしてついでに30Daysも続きをアップ。
今回は20日目になります。

287 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/03/24(土) 10:46:06 ID:Nxsavj1Q
ロダ管理人様。
またスパムが沸いております。

288 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/03/26(月) 00:45:00 ID:.pky8sQc
>>287
遅くなって申し訳ない、仕事だったものでー
今から対処始めます

289 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/03/26(月) 01:13:29 ID:.pky8sQc
はい、対処終了
今回はモルドバ?だかから来てました
さっくりとアク禁にしておしまいでする

スパム報告ありがとうございました、おかげで助かっております

290 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/03/27(火) 00:13:27 ID:qn2FuqKg
エROロダのファイルに4.75話を追加しました。
変則的なナンバリングですが、一つご容赦を。

>>199
そちらもうぽつであります。
フェイサの行動に非は無いものの、これは…まさにバッドタイミング…
ところで同時攻略ルートはどうやったら入れr(鯖k)

ちなみに、自分の嗜好はかなりイカれてますよ。
さすがに4.5話の会話を発展させる場合は外伝扱いでやると思います(あくまでも予定)

>>285
確かにFAでした。ニワカですみませぬ。

そしてエROロダ管理人様、対応お疲れ様であります!

291 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/04/02(月) 22:55:50 ID:lfZ5MNkY
エROロダに上げたアーカイブに第五話を追加しました。

エロだけで1話って意外と難しいorz

292 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/04/20(金) 14:06:02 ID:GPEq3LPA
またえろろだにいスパム業者沸いてますね
管理人さん、お手数ですが対処お願いできますか

293 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/04/20(金) 22:04:06 ID:aY.rbWrk

送ればせながら今気がつきました、処置に入ります
Twitterで連絡くれた方にも感謝感謝

294 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/04/20(金) 22:22:31 ID:aY.rbWrk
一旦処置終わりました
今日の分のアクセスログがまだ出力されていないので書き込み元が
まだ判明して居ない為、明日朝に該当元のブロック作業を行います

折角良い気分で飲んでいたのに(笑)

295 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/04/21(土) 06:22:21 ID:YgZQPiIQ
アクセス元が判明しましたのでブロック措置を行いました。
今回は.deドメイン。ドイツドイツジャーマン。
今朝も書き込みがあったみたいですが、コレで大丈夫だと思います

296 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/04/21(土) 07:52:39 ID:2T5ZEGaY
(♂修羅がバック・ダブルバイセップスのポーズをとりつつ)メンテナンス、乙であります!

297 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/05/09(水) 22:38:07 ID:mJcM6r56
エROろだに006話を追加…したは良いが、ここに報告にして良かったのか不安な件。
(男同士的な意味で)

298 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/05/27(日) 14:27:35 ID:D7FkHzd2
報告だし全然問題無いかとb
てかえろだにまた業者スパムがが

299 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/05/27(日) 23:32:03 ID:EjUmAgfw
うお、今気がついた!
チョイと時間頂きますが対処に入ります

300 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/05/27(日) 23:57:34 ID:EjUmAgfw
ログ復旧終わりました
明日の朝アクセスログが生成された段階でいつものアクセス拒否処理に入ります

あと書き込みのチェックをもうちょい厳密にやってみようと思いますので、
その為の方策を少し練ってみました
見た目上は何ら変わり無いですけどね

301 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/05/31(木) 22:43:59 ID:Ek8WaHEM
>>214様、いつもお世話になっております。

エROロダのアーカイブを第七話を追加したものに差し替えました。
今回も老人x女装少年物となっております。

次回は一応母と娘の絡みを予定しております(あくまでも予定です)

302 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/06/02(土) 00:33:38 ID:qCAS6dvo
エROロダ管理人殿に報告です。

またロダにスパムが沸いております。

303 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/06/11(月) 22:29:39 ID:bvJk.oWM
遅くなりましたが対処は既に終わっております、報告ありがとうございました
最近忙しくて、日付変わらないと帰ってこれない日々が続いておりましてorz
今週過ぎれば少し落ち着くかと

304 名前:214 ◆CM2d/No0eM 投稿日:2012/09/20(木) 08:47:19 ID:TuLbiKC.
ろだCGI変更のお知らせです

ご無沙汰しております、>>214ことロダの中の人です。
スパムの対策がどうしても後手に回る事、CGI開発元が消え失せていてサポートの
見込みが無い事を考慮しまして、CGIを別な物に変更しての運用を開始しました。

物はkent-webさんのjoyfulbbsです。騎士娘wakiでも運用実績があるアレです。
ただ超アップデートされていまして、投稿時の画像認証が入っていた事が採用の
決め手となりました。

今後のご利用は新ロダ側のご利用をお願いします。
なお旧ロダは念の為10月31日まで併設しておきます。

また、以前スパムが沸いた時に、199様の最新アーカイブが消えてしまっていました
(過去ログ入りすると添付ファイルは消える仕様の為)
申し訳ありませんが、再アップなどをお願いします…本当に申し訳ありません

以上、長くなってしまいましたが今度ともろだをどうぞよろしくお願いします

305 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2012/10/03(水) 22:12:52 ID:fBFWE3DM
>>ろだ管理人様

ろだ更新お疲れ様であります。

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、
エROロダに上げたアーカイブに第八話を追加しましたのでご報告まで。

306 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2013/01/21(月) 01:29:28 ID:ZnJFQ/.6
お世話になっております。
エROロダに老騎士と騎士母娘の09話をUpしました。

あいかわらず特殊な嗜好満載ですが、その点ご留意願います。
(近親、ショタ、女装要素等)

傾向的にスレ違いになりつつありますが、一段落したら親子丼ルートに入る予定…です。

307 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2013/03/10(日) 00:26:48 ID:XMawvwng
えROだに以前配布されてたお気に入り作品をうpしました
私が執筆した物ではありませんが、代理うpみたいな風に考えていただければ幸いです

308 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2013/06/01(土) 18:57:00 ID:0krMnuB2
お世話になっております。
エROロダに老騎士と騎士母娘の10話をUpしました。
ただただ背徳感を求めた結果、もはやスレ違レベルの方向に行ってしまいましたので御注意ください…

さて、とではお待たせしてしまっているオーダーを可及的速やかに(ビレタを被りつつ

309 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2013/07/10(水) 00:08:40 ID:3xctZGh2
毎度お世話になっております。
エROロダに老騎士と騎士母娘の11話をUpしました。

漸く娘さんのターンとなります。
が、今度はスカ要素が絡んでくる展開になるのでご注意ください。

310 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2013/08/16(金) 11:45:21 ID:KKUxwmgM
新保管庫が403でアクセス出来ないのですが、どうすれば…

311 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2013/08/29(木) 01:50:31 ID:t82kNoJQ
えROろだトップページからのアクセスならば、後ろにindex.phpを付ければいける
ttp://mmo2ji.2kki.com/ro/pukiwiki2/index.php

312 名前:310 投稿日:2013/08/31(土) 22:42:10 ID:3BP7QOQg
ありがとでした。無事アクセス出来ました。

313 名前:どこぞの『アイツ』 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2013/09/16(月) 20:43:48 ID:Rs6Lx75Q
総合命令スレで使っているコテの設定でSSを一つ。
RO成分薄い、母娘丼とか既存の拙作と被ってますがたぶん趣味なので以下略

ttp://mmo2ji.2kki.com/ro/eroda/joyful/img/34.zip
(設定資料代わりにコテのテンプレ同梱)

併せてちと上がり気味っぽいのでdameときますね。

314 名前:某城下町の人 ◆yuVOLBfkgQ 投稿日:2013/10/28(月) 19:57:28 ID:pNPYMh2.
総合命令スレに動きがないので、リハビリをかねてコテが命令を受けるに至った経緯をば。
拙作ですが枯れ木も山の何とやら…ということで一つ。


『アリスとアイリス』

「こんな格好をさせて、どうするおつもりですか?」
 着替えろという命令とともに差し出された衣装を纏い『主』の前に立った少女は、開口一番疑念に満ちた口調で抗議した。
 彼女が着替えろと命令されたのは、青いエプロンドレス。
 その装束はまさに『キューペットの』アリスそのものだった
「私はこれでも欲張りな人間でね」
 固い声で抗議の声を上げる眼前のアリスに、壮年のルーンナイトは涼しい顔でそう答えた。
「君は、すでに正規のキューペットとしても登録されている。その辺の事情も理解してくれるとありがたい」
「きゅ…キューペット…私がですか!?」
 澄んだアイスブルーの瞳とボブカットに切りそろえた艶やかなブルネットの髪が印象的な、年端もゆかぬ少女。
 書類上はキューペットであるアリスの規格からは少々逸脱している『規格外品』という事になっていた。
「ど、どうしてですか!?私は人間として扱われなくもなるのですか?」
 蒼白にし、自分の未来を想像し背筋を震わせる少女。
 出会った経緯が故に、その後召し上げられた時にある程度の覚悟をしていた。
 それでも、人間ではなくキューペットとして扱われることは予想外であった。
「心配するな。剣士ギルドの籍も残してある」
 その言葉に目の前のアリスは安堵した。

 二人のやりとりは約一週間前にさかのぼる。


 ぴちょん…ぴちょん…
 岩盤から染み出てる滴が奏でる水音を聞きながら、ルーンナイトドラゴンの手綱を握っていた。
「自分としたことが、まったく情けない」
 つぶやくルーンナイト。
 ここはイズルード沖海底洞窟の第二階層。
 乱獲によりタラフロッグが姿を消したそこに響くのは水音とヒドラの蠢く音、そしてパドンのカニバサミの音である。
 単身での海底探索を終えた彼は、羽を忘れたため一人徒歩で地上を目指していた。
 昔なら、通りすがりの冒険者に声をかけ融通してもらう等も出来たのだが…
「これも時代か…」
 と、一人つぶやいたそのとき、ルーンナイトは目の前に人影を視認する。
 距離があるので顔は伺いしれないが、ブルネットの髪を短く切りそろえた剣士の少女である事だけは判別できた。
 彼女は剣を手に、視線の先にヒドラを捉えていた。
「珍し…」
 彼は呟きかけ、そして彼女の挙動をみて顔をしかめた。


 目の前の少女はうつろな表情でゆっくりと水辺に歩いて行った。
 剣はだらりとぶら下げたまま、まるで誘われるようにゆっくりと。
 そして彼女のつま先が水辺に触れ波紋が生まれた瞬間、樽のような本体から蜘蛛の巣の様に四方八方に延びていたヒドラの触手がピンと張りつめる。
 些細な変化の生まれた方角に触手が殺到し、やがて一本の触手が彼女の足に触れた。
 すぐに触手が足首にからみつき、ぐいと引きずり倒そうとする。
 しかし彼女はよろめきながらも引きずられるようにしてヒドラ本体の方へと歩いてゆく。
 ただならぬ気配を察し、息を潜め物陰から様子をかがっていたルーンナイトは一部始終を見てから動き出した。


 少女の脚をゆっくりと触手が這い上がって行く。
 膝までを覆う金属製の脚甲を越え、ぬめりとしたそれが太股に触れると、少女の体がびくっと震えた。
 手にした剣はいまだぶらりと垂れ下がったままで、反撃に転じる気配はない。
 ヒドラの前に立った彼女の足下にヒドラの触手が殺到しようとしたその時だった。
「あまりいい趣味とは言えないな」
「……!?」
 先ほどのルーンナイトが彼女の背後に立ち声をかけると、その少女は表情を凍らせたまま振り向いた。
「ふむ」
 ルーンナイトは少女をじっと見据える。
 ブルネットの髪をボブカットに切りそろえ、アイスブルーの澄んだ瞳が美しい。
 少なくとも『倫理観を抜き』にという前提で男性に問えば、誰もがヒドラの生き餌にはもったいないと答えるだろう。
「なぜそんな事をする?」
 そう言ってから、もっと彼女を間近でみようと騎竜から降りるルーンナイト。
「じゃ、邪魔を…くうっ!」
 強がろうとした矢先、少女が何かに堪えるように目をつむる。
 視線を降ろすと、スカートには触手の陰影がいくつも浮かんでいた。
「そこまで進んで生き餌になろうというのなら…薙払え」
 ルーンナイトはそう言って跨がっていたドラゴンの胴体をポンと叩いた次の瞬間。
 カッ!
 一瞬、洞窟の壁ががオレンジ色に染まる。
 そして光が収まると、そこには消し炭となったヒドラの残骸が黒い煙を上げていた。


「全く。まだ若いのにもったいない」
 触手を脚に絡ませたまま、呆然とした表情でへたり込む少女を見下ろしながらルーンナイトは言う。
 騎竜のブレスに驚いたせいだろう。
「な、なんの事ですか?私は単にヒドラに…勝負…を」
 抗議しようとする少女の声が、後半に行くにつれ徐々に弱まって行く。
「…どうやら、初めてというわけではなさそうだな」
 歯を食いしばりつつも、無意識にだろうか、もぞもぞと動いている腰に気づくルーンナイト。
「…そう…です。だから、復…讐に…」
 若干口ごもりながらも『復讐』を口にする少女。
「なら、服の下のそれを取り去ったらどうだ?」
 以外と正直な反応だな、と思いつつカマを掛けるルーンナイト。
「!」
「くっ…!こ、これは…」
 とっさにスカートの裾を押さえる少女。
「一部始終を見ていたが、アレになぶられていた訳でもないみたいだな。幼いのに見上げた変態だ…」
 消し炭を指さしながらルーンナイトは言う。
「なっ…」
 彼女は傍らに落としていた剣を拾い上げた。
 握る手には、先ほどの無気力さからは想像できない程の力が籠もっている。
「まだ剣を握る理性と余力はあるか」
 奥歯を食いしばりながら、ゆっくりと立ち上がろうとする少女を見据えるルーンナイト。
「こ、これは…奴らに…されたことをっ…!忘れない…うっ…ように!」
 顔をパドンよりも真っ赤にしながら弁解する少女。
 スカートに隔てられているが故に見えないが、緊張と動揺で膝は相当に震えているのだろう。
「なるほど…」
 そんな彼女を見ながら、ルーンナイトは軽い驚きを抱きつつ思案を巡らせた。
 早すぎる肉体の『目覚め』に精神がついて行けず受け入れられないのだろうか。
 それとも、受容できないのはヒドラに『はまった』事に対してだろうか。
「復讐に望むのなら、そんなハンデを与えるような真似はしないことだ…まあそれは良いとして」
 思いもかけず弱みを握ってしまった事で、色々と捗ることは間違いない。
「少女よ。名前は何という」
「………」
「おっと失礼。問う前に名乗るべきだったな。私はノイマンだ。見ての通り、唯のルーンナイトだ」
「アイリス…です」
 剣士の少女は歯を食いしばるようにしながら名乗りを上げる。
 顔は上気しているが、目つきには嫌悪感と理性が色濃く残っている。
「そうか。覚えておこう」
「…脅す気ですか?」
 睨みつけるアイリス。
「脅されるようなことをしているという自覚はあるようだな」
「最低です…」
 と、いう彼女の指摘に、ノイマンは表情一つ変えずに言葉を続ける。
「進んでヒドラ風情の生き餌になるくらいなら、私が貰い受けようと決めたからだ」
 ノイマンはそう言って再び騎竜に跨がった。
「では、いずれまた」
 そしてアイリスの答えを待つことなく、ノイマンはその場を後にした。
 彼女がノイマンに召し上げられたのはそれから一週間後の事だった。

315 名前:がんばれアサクロちゃん 投稿日:2015/03/07(土) 23:55:17 ID:VucZ1hqM
行き詰ったので短編的なよくわからないものを作成。
濡れ場なし、シモネタだけの18禁です。
教会関係者に偏見は持っていませんし、事実と異なります。フィクションです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「これで全員に渡したかな」

お金目当ての狩りではなかったとはいえ、稼ぎは稼ぎである。
換金して均等に分配し、全員に渡し終えた。
わざわざ言葉にする必要のないセリフは、よーするに『清算は終わったので解散も可』の意味である。
命の危険のある場所でもないし、ダラダラと狩りしても問題ないし、ギルドメンバーだし。
それでも言ったのには、わけがある。

「そう、終わったのね?」

怒気を放ってるアサシンクロスさんが睨んでらっしゃるからです。
普段ならよく笑う口はへの字になってるし、好奇心で輝いてる瞳には怒りで揺らめく炎がみえる。
つまり、彼女はわかりやすく不機嫌だった。
美人というより、かわいらしい彼女だが、本気で怒ってる姿は暗殺者らしい迫力がある。まじで怖い。

「そこの二人に話があるわ。ちょっと来なさい」

有無を言わせぬ強い口調に、ハイプリーストとチャンピオンがやれやれと顔を見合わせた。
っていうかお前らが原因かい。
しかも心当たりあるんかい。

「姫君に呼ばれましたので、僕たちはこれで」
「先に失礼する。また明日な」

ハイプリの言葉に「だ・れ・がッ姫君よ…ッ!」とアサクロの怒りが増してる。
けどまぁ、回収してくれるなら構わない。こちらに被害が出ないわけだしー。
アサクロを宥めながらいなくなったギルドメンバーに、残ったメンツで顔を見合わせた。

「あの二人、なにしたんでしょーかね」
「置いていったから拗ねてる風でもないし」
「珍しいこともあるもんだ」
「まー、明日になれば仲直りでもしてるっしょ」
「それじゃ、まだ体力ある人でもう一狩りいっとく?」
「いくいく!」

だがすぐに興味は薄れていった。
私も商人の端くれ。お金も稼ぎたいし。
夜はまだ始まったばかりなのだ。


ぱたん、と扉が閉まった。
この話し合いは、重要なミッションである。
だから成功させないと……私がすごく困る。
部屋の主であるアサシンクロスはソファーに座った。

「まじめな話がしたいわ。ちょっと座って」
「わかりました」
「うむ」

ごく自然に。
その両脇にハイプリとチャンプが座った。

「誰が隣にこいと言ったよっ!? こういうときは正面に座りなさい! 正面に!」
「どこでもいいじゃないですか」
「減るもんでもあるまい」
「どさくさに紛れて抱きつかないキスしないっ! 私、まじめな話があるっていったよねぇ!?」
「癒しを充填中なのでどうかお静かに」
「私が悪いような言い方するんじゃなぁぁい!」
「脱いでくれれば充填も早まるが?」
「って言いながら脱がすなぁぁぁぁっ!?」

チャンプにぐいっと肩の布を引き下ろされ、あっさり半裸にされた。
うっすらと日焼けしてるから明るい場所では特に脱がされたくない。

(ってそうじゃなくて、問答無用の露出もお断りなだけですぅぅぅっ)

ぎゅっと自分の体を抱きしめるようにして、これ以上はだけないようにした。
一度着直したいが、腕のガードを緩めたら今度こそ全部脱がされる気がする。いや絶対に脱がされる。

「充填しながら話を聞いてもいいですか?」
「却下ッ! ちょっと離れてー!」
「うむ、少し離れた場所からの観察も補填になるぞ。ストレートにいえば視姦」
「なるほど。ではバランスをとってこちら側も剥きますか。ええ、これはありですね」
「これ以上、脱がしたら怒る。すっごい怒るよ?」

そういわれてもなぁ、と、二人は改めてアサクロをみる。
顔は羞恥で赤く染まり、小さく震えている。
目にはうっすら涙を浮かべ、肘までずり落ちてる服。
陽に焼けて健康的な色の腕とは対照的に真っ白な胸元。
隠そうとした腕によって強調される谷間。
――どうみても襲われかけです。本当にありがとうございます。

「二人に、まじめな話があるのっ!」

その格好のまま?と指摘しない。減るもんじゃないし、目の保養。ごちそうさまです。
聞く姿勢をみせ、続きを促した。

「あ、あのね、」

アサクロは数度深呼吸して、話を始めた。

「夜の、その、行為なんだけど、頻度を減らしてほしいのです」
「えー?」
「無理をいうな」
「露骨に嫌そうな顔を。あと全然無理いってないでしょーが」
「まだ本気出してませんし」
「一晩中ヤってないだろ?」
「しれっと何をほざいてますかね、この聖職者たち」

なんだろ、決して分かり合えない気がしてきた。

「これ以上禁欲になったら枯れて死にますよ」
「うむ、一理ある」
「あってたまるかぁぁぁ! 真顔で同意するんじゃないわよ」
「死因は愛情不足ですね。癒えない心の傷が致命傷」
「試しに全力で愛情表現してみるか? 明日は起きてこられんぞ?」
「えっちぃことを、愛情表現と言い切った!?
っていうかあなたたち聖職者でしょ。ちゃんとした禁欲あるでしょっ!?」
「性欲は禁じられてませんが?」
「信仰が浅くても使えるから神の奇跡と呼ぶ」
「うわ本格的にダメだこれ」

もう泣けてきた。
常識と前提が違いすぎる。

「急にどうしたんですか、そんなことをいまさら言い出すなんて」
「毎晩あんなに悦んでるだろう。不満か?」
「太陽が高くなってから起きる生活がいやなんですぅぅっ!
私だって、いっしょに狩りに行きたいのに!
くたくたになって、朝にまったく起きられないなんて、もうイヤなのっ」

――沈黙。
不自然な間に、アサシンクロスが首をかしげる。
なにかおかしなことを言ったかな、と。

「貴女ね、いまの発言」
「行為自体は嫌じゃない、といったようなもんだぞ」

理解と同時に頬に熱を帯びてくる。

「前言撤回でっ!」
「却下します。仕方のない人ですね」
「うっかり本音が漏れたってやつだな」
「ちょっと待て近づかないで、ってこれ以上脱がすなら怒るっていったでしょ!?」
「つまり着衣でご要望ですか。いいでしょう」
「一度本気をみせる必要を感じたし、ちょうどいい」

よくない! という叫びは塞がれて。
抵抗しようにも二人がかりではどうにもならなくて。

(ミッション、失敗したぁ!)

きっと明日も起きられない。


<おしまい>

316 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2016/02/15(月) 02:33:27 ID:6sf/KkPk
やるじゃん

268 KB
掲示板に戻る 全部 1- 101- 201- 301-316 前100 新着レス 最新50
 名前: コマンド/メール(省略可):
read.cgi ver4.20 by GlobalNoteScript (2006/03/17)