Ragnarok online 萌え専用板
関連リンク
萌え本スレ
 ♀萌えスレ:【萌】RO萌えスレ 22センチのミニスカート【萌】
 ♂萌えスレ:◆RAGNAROK ONLINE ♂萌えLv7◆

Ragnarok online 萌え専用板 過去ログ倉庫
萌え庫
えROだ
(停止されないように、優しく扱いましょう。)
(txtをそのまま上げると改行がdじゃう、dじゃう〜。圧縮しましょう。)
萌えスレ絵板
みんなで作る小説ラグナロク Complement Site:ttp://sscomplement.tripod.co.jp/
RAGNAROK Online Short Stories Archive:ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~mkw/ross/
Ragnarok Online小説投稿所(あぷろだ):ttp://moetaro.virtualave.net/ragnarok/
Ragnarok Online小説投稿所@避難所: ttp://tfc55.hp.infoseek.co.jp/

日本公式サイト
2chネトゲ実況板2(本スレ等)  大規模MMO  ネトゲサロン(隔離スレ・その他)  ネトゲ質問(質問スレ)
MMOBBS(旧にゅ缶)Ragnarok板  LiveRO板
RO恋愛板
各鯖:
WG1WG2WG3海外・他
Lif(Norn + Verdandi)板(行方不明)
Mimir(Lydia + Ses)板
Olrun(Forsety + Iris)板(行方不明)
Sigrun(Baldur + Tiamet)板(行方不明)
Alvitr(Bijou + Tyr)板
Hervor(Idun + Odin)板
Idavoll(Lisa + Sara)板(行方不明)
Trudr(Eir + Freya)板
Frigg(Loki + Surt)板(行方不明)
Gimle(Heimdal + Thor)板
Radgrid(Fenrir + Garm)板(元Fenrir板)
Radgrid板
Vali(Chaos + Magni)板(行方不明)
iRO板
oRO板
Urdr板

RagnarokFAN info

萌え板Wiki
萌え板あぷろだ

萌え板から派生したもの
ときらぐ:ときらぐポータル
RO-TRPG:RO-TRPG
バトルROワイアル:バトルROワイアル@Wiki

板共通ルール
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。
・18禁レートに引っかかる書き込みや下ネタは、禁止しませんがほどほどに。
 (ただし、スレのローカルルールにより18禁禁止スレでは禁止です)
・ここは萌え板であってエロ板ではありません、エロが嫌いな人もくる事も忘れずに。
・絵、文を上げてくれる人は自分のプレイ時間を削って上げてくれてます。
 催促はやめませう。
 また、上がった内容に関してアドバイスは良いですが、文句は言ってはいけません。
 各神の成長を手伝いましょう。
・ラグ・バグ・ゲームバランス等の論争・愚痴はここじゃなくて、2chMMO板本スレ・隔離・教えて君へ。
・でもRO絵・文で元ネタアリは、元ネタに触れない方向で(*´Д`*)は(・∀・)イイ!
・スレ住民ハァハァネタは収拾がつかなくなるのでできるだけ押える方向で。
・コテハンの人も、荒れる元になるので暴走したりしないように慎重に発言しましょう。
・18禁レートのスレッドはsage進行でおながいします。
 (ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)

同じものが【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>2にあります。
各スレにもローカルルールがあります。
1を読みましょう。

板が重いと感じたら・・・

Monazillaツールを使ってみましょう。
詳しくは【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>3を。

この板の1スレッドの制限は最大1000レス、または最大512KBになっています。

前のページ 最初のページ 過去ログ i-mode FAQ リロード

101 : 【18歳未満進入禁止】総合命令スレ29【inハァハァ鯖】 (223)  102 : 【18歳未満進入禁止】総合命令スレ30【inハァハァ鯖】 (11) 
過去ログはこちら

[101:223]【18歳未満進入禁止】総合命令スレ29【inハァハァ鯖】
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/07/07(土) 17:38:17 ID:l0hBvWYg
ここはハァハァ鯖に住んでいる住人にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここでは職や種族の境界はありません。総合スレです。
ですが、職系のスレが有る場合(弓職・聖職者など)はその職系のスレにお願いします。

★板共通ルール★
・ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

ほかテンプレは>>2


214 名前:騎士団のろな子 投稿日:2019/03/16(土) 15:09:28 ID:1hsWuzdQ
遂行遅くてごめんなさい!

>>ショタアコきゅん(>>187さん)
「お姉さんが居ればもう大丈夫ですからね、安心して下さい!」
たまたま通り掛かったミョルニール山脈で見た所年下であろうアコ君※命令スレの登場人物は全員18歳以上です。に助けを求められるろな子。
もちろん、困っている人が居れば手を差し伸べるのが彼女の騎士道だ。
大きな胸を張って見せる金髪の少女騎士、年下だと思うと余計に保護欲を掻き立てられる。
「ありがとうございます!お姉さんってすごくかわいいだけじゃなくてすごく優しいんですね!」
「!?はうっ!」
屈託の無い笑みを浮かべて感謝の言葉を述べる少年に思わずドキりとしてしまうろな子。よくよく見ると中々顔立ちの整ったの美少年であるし、意識すると余計にドキドキが止まらなくなってしまう。
(か、可愛い……!だ、だめ!この子は私を頼ってくれたのだから…騎士らしく、しっかり…お姉さんらしく振る舞わないと…!)
正直、自分にショタコンの気はあると思っていたが思った以上に重症なのかもしれない……。
道すがら会話をする内にアコ君と親しくなり、特にトラブルも無く無事にプロンテラまで送り届けた…はずだったのだが…
―――
「…!わ、私…どうして縛られて…!?」
目を覚ますろな子は下着姿でベッドの上で手足を拘束されていた。状況が飲み込めずにいる彼女の前に見覚えのある少年が姿を見せる。
「えへへ、ごめんなさいっ。ボクって『お姉ちゃん狩り』がやめられなくてこんなことをしちゃうんです。」
「!か、狩り…!?アコ君、な、なにを言って…まさか……」
徐々に何があったか思い出してくる。お礼にと彼に渡されたポーションを飲んだら眠くなってきて…部屋で休んでいくよう言われて…そして、目を覚ましたらこの状況。
「うん、お姉さんが想像している通りだと思うよ♪僕が少し可愛く振る舞うとお姉さん達はみんな隙を見せてくれるんだ。今日のろな子さんみたいにね」
可愛い顔をしてお姉ちゃん狩り、だとか下衆い事を口走るアコ君、だが不思議と表情から愛らしさは感じられども品の悪さは感じられない…それは彼が生まれ持った女性を惑わす素質なのかもしれない。
「えへへ、お姉さん顔もすっごく可愛いけど、身体の方もすごくエッチだよね。肌も綺麗だし、今までで一番かも。」
そう言いながら拘束される金髪少女騎士の身体を色々なアングルから視姦していくショタアコきゅん。脚の先からはじまり、白くすべすべの肌を息が掛かるくらい近くでじっくりと、もちろん恥ずかしい部分も覗き込んで観察する。
「!?くっ…だ、だめぇっ、こんな事……い、今すぐ…止めてっ…」
羞恥心で顔を紅く染め涙目になりそうな表情で年下の少年に抗議をする少女騎士。
「可愛くてエッチなお姉さんを前にしてそれは無理な相談だよ。でもそうだね…最後までろな子さんがボクに屈しなかったら、その時は煮るなり焼くなりしていいよ?」
達者な口と天使のような笑みを浮かべるアコきゅん。まるでもうろな子が快楽に負ける事が前提のように自信満々なのだった。
(!うう、やっぱり、可愛いっ…でも…こんな犯罪の、常習犯だなんて…私が…騎士として道を正してあげないと、いけない、のに……)
自由を奪われて身体中を観察されて…恥ずかしい上に普通なら嫌悪感を抱く所なのだろうが、美少年に攻められるのも悪くない、と心の奥底で思ってしまっている少女騎士…当然、身体の方も昂ぶってしまっている。
「あれ?お姉さん、身体中ボクに見られて…もしかして乳首立っちゃってる?」
「!?そ、そんな事…無いですっ…!ひゃあっ!!だ、だめぇっ、脱がしちゃぁっ…!」
吐息に混じる悦の色を隠し通せる訳もなく、昂ぶっているのがバレバレでアコきゅんは「じゃあ確認して見ましょう」と慣れた手つきでブラに手を掛けてぶるんっと二つの豊乳を暴きだされてしまう。
「ふふふ…ウソばっかり。乳首こんなになっちゃってるよ?へぇ…お姉さんっておっぱいも大きいけど乳首も、こんなに大きいんだ。これなら簡単にしごけちゃうかも?」
「!?はぁん、んくっ…や、やめっ…乳首、弄られたらっ…んはああぁ!?」
彼の行為を止めなくてはいけないのに、自由を奪われて口でしか抵抗をできないろな子をアコきゅんは御構い無しに固くなった乳首を摘み前後に扱きはじめる。
「ほーら、シコシコ?♪ こんなに敏感でおっぱいだけでイケちゃうんじゃない?」
「ひゃあぁん!くうっ…はぁん!そ、そんなにエッチな手つきで…されたらぁっ…やぁん…うああぁん!?も、う…だめえええぇっ!はぁああああん!!?」
少年の攻めにひとたまりもなく、1分ともたずに身体を痙攣させて嬌声をあげてびくびくと軽く絶頂してしまうお姉さん騎士。下着にエッチなシミを作り、愛撫されていた桃色の先端からミルクを吹き出して快楽の余韻に浸ってしまう。
(やぁっ…こんな、子供に……い、イカされ…ちゃったぁっ……一度、気持ち良くされちゃったら…も、もう…わたしぃっ…我慢、できなくうっ…んんん!?)
「わっ、ミルク出た!?お姉さん、どこまでエッチなの?クスリの影響なんだ…へぇ…。じゃぁ、ちょっと飲ませてよ!」
そう言って、甘えるように巨乳に顔を埋めて来るアコきゅん。固く勃つ鮮やかな桃色突起に思い切り吸い付いてミルクを吸飲する。
「!!?ひうううっ!?うあっ、あっ!やあっ、いきなり、そんな強く吸われたらぁっ…す、すぐうっ…んやああぁ!?!」
ぢゅるぢゅるチュパチュパ下品な男を立ててお姉さんのおっぱいミルクを味わう少年アコライト。吸いながらも豊乳を捏ねまわして攻めるのを忘れない。
「プハッ…ハァ…ろな子お姉さんの母乳、甘くて美味しいよ♪」
「!!んあっ…はぁ…やぁ…私のおっぱいミルク、アコ君に飲まれちゃってるぅっ…はああんっ…こんないやらしいよぉ…んやあぁ!イク、いっちゃうううっ!!んあああぁっ!!?」
ちょっとどころではないがっつきようで左右の乳房を交互に吸い、むにむにぐにぐに揉まれまくり、艶声をあげてよがり年下少年に絶頂させられまくるお姉さん騎士…込み上げて来る快楽を堪えようとしても全くの無駄に終わり…
「はあああぁ、ううっ…!?おっぱい、吸われるのおっ、あん…気持ち良いっ…やあ、はぁ…ま、また…いっちゃうぅっ…!んやあああ!?いくうううっ、んあああぁあん!!?」
胸ばかりを攻められて、最後は両方の乳房を寄せて吸われて結局、気持ちと口走り、イカされちゃうろな子。
「ふぁ、飲んだ飲んだ♪あれ?お姉さんのパンツもう使い物にならないくらいびしょびしょだね。早く着替えないと風邪引いちゃうね。はい、縄を解いてあげたよ。」
激しくおっぱいばかりを攻められて何度もイカされて…本番はこれからかと思った矢先にあっさりと縄を解き、どういう訳かろな子を自由にするアコ君。
「はぁ…ぁっ……ふえっ…?」
すっかり火照り、上気させられた少女騎士はあからさまに残念そうな表情を見せてしまう。もちろんアコ君はその顔を見逃さない。
「あれれー?なんで残念そうな顔してるのかな?」
「!ううっ…そ、それはぁ……」
図星を突かれて押し黙ってしまう少女騎士、もじもじと艶めかしくふとももをすり合わせる。
「ふふふ…そうだね。お姉さんが『続き』をしたいならお風呂に入りながらしよっか?」
美少年ショタアコ君からの魅力的な、でも背徳的過ぎる堕落への誘惑。
(うう…こんな事しちゃう、エッチで悪い子…なのに…騎士の私が、止めないとぉっ…これ以上、エッチな事…許す訳にはいけないのにぃっ…)
とか思いつつも結局、快楽には抗えないろな子は少年の言葉に頷いてしまうのだった…。

215 名前:騎士団のろな子 投稿日:2019/03/16(土) 15:09:47 ID:1hsWuzdQ
―――
「ボクってお姉さんより年下だけど、あそこは大人に負けないくらいすごいからね。きっとお姉さんも満足できると思うよ?」
「ひゃっ!?えっ…あ…!?」
アコ君に言われるがままに服を脱がされてお風呂場に連れてこられるお姉さん騎士、
少年の立派過ぎる肉棒を見て思わず言葉を失う。
大人に負けないくらい、なんてとんでもない。一般的な大人でも比較にもならないだろう彼の容姿に不釣り合いな凶悪巨根ペニス。
何人ものお姉さんをよがらせて来たであろうソレを、壁に手を付かせる可愛いお姉さん騎士の女の部分に押し当ててゆっくりと挿入しようと力を込める。
(!?はぁ…ぁっ…アコ君のオチンチン、入れられちゃううっ…わ、私、拒まないと…いけないのに……)
最後まで理性では抗っているろな子、だがそれもアコきゅんの巨根肉棒を挿入されるともう…
「!!んぐううううっ!?はあっ、な、にぃ…うああぁ!こ、これえっ…オチンチン、大きすぎるよおぅっ…うぐっ!あぐううっ!?き、気持ち良すぎちゃぁっ…んやあああああぁあ!!?」
膣道を巨ペニスで満たされ、肉棒全体でまるごと擦り上げられならが挿入されていく強烈な快感になりふり構わず嬌声をあげてよがってしまうお姉さん騎士…
「ひうううっ!?も、イク、イかされちゃうう…オチンチン入れられたぁ、だけなのにいいっ…うあっ、はぁああ!イクううううっっ!!?」
挿入で一回、奥まで到達して子宮口に亀頭を押し付けられて一回、その間も断続的に軽くイっているような状況で…ピストンされる前からショタアコきゅんペニスで淫らにイカされまくっちゃうろな子…。
「ふふ、お姉ちゃん達といっぱいエッチして来たけど、こんなに敏感で淫乱なのはろな子お姉さんがはじめてだよ!ボクのオチンチン気に入ってくれたみたいだね♪」
「んんんうっ!?はぁ…も、だめえっ、アコ君のオチンチン…気持ち良過ぎるよおぉっ!はぁ、もっとおおっ…もっとお姉さんを犯してぇっ!いっぱいぃっ、突いてえぇぇ!!はああぁ!イク、イクううううっ!!!」
もうアコきゅんのショタチンポにメロメロで自分からも腰振りして、突き入れられる肉棒を切なく締め付けてイキまくってしまう
「騙されてエッチな事されちゃったボクに犯されて悦ぶなんて、お姉さんやっぱり相当淫乱でマゾだよね。見込み通りだったなぁ?、そろそろ…ボクも射精するよ!お姉さんの一番奥で全部受け止めてね♪」
「!!はぁ…うん、お姉さんの子宮にぃっ…アコきゅんのザーメン、たっぷり注いでぇっ!ショタオチンチンでぇっ、屈服させられたいのおっ…!!はぁ…あん!イク、イクのおおおっ!うはああああん!!?」
巨乳も揉みしだかれて、望み通りアコ君の凶悪肉棒で果てさせられるお姉さん騎士…彼の性欲は肉棒に負けず凄まじく、お風呂場で何度も何度もエッチしまくっちゃうアコきゅんとろな子。
「お姉さん、ハァハァ…もう、おまんこ締め付けまくってエッチ過ぎるよっ!バックで犯されるのそんなに好きなんだねぇ♪」
「はあぁん…あん!好きぃ、後ろから、されるのぉ…いいのおっ、はぁ…アコ君のオチンチン、おっきくてぇ…すごすぎてぇっ……おかひくなっちゃうう…!やああう…」
「えへへ、嬉しいなぁ。可愛いよ、ろな子お姉さん」
大人顔負けなのはイチモツだけではなく、お姉さんを喰いまくっているだけあってテクニックも凄まじいアコきゅん、恋人みたいに、向き合ってキスされながらハメられちゃうお姉さん騎士。もう抵抗なんて出来るはずも、彼を矯正しようなんて気も湧くはずもなく…
(はぁ、この子ぉっ…セックスもぉっ、キスもぉっ…上手過ぎ、だよおっ…はぁ…もう…気持ち、良すぎてぇっ……もっとぉっ…気持ちよく、なりたい……)
年下少年に良いように犯されるシチュエーションに興奮して底無しに快楽も求めてしまうドマゾな美少女騎士。
ショタアコきゅんはそんなろな子の期待を裏切らず、何時間も時間を忘れて交わる程に巨根チンポでじっくりたっぷり可愛がられ、満足するまで犯してもらったのだった。

216 名前:騎士団のろな子 投稿日:2019/03/16(土) 15:10:40 ID:1hsWuzdQ
>>188さん
「そ、そんな、私は騎士として当然の事をしただけですから!でも、お気持ちはとても嬉しいです…ありがとうございます。」
以前危ない目に遭っていたところを助けた事がある女アルケミストの188さん。
その彼女がお礼だと言ってチョコレートを持ってきてくれた。
「お姉さm…い、いえ、是非ろな子さんに食べて頂きたくて、お口に合うと良いのですけど…」
なんて律儀な人なのだろうか。騎士団にでも届けてくれればいいのに、わざわざ手渡ししたいからと自宅まで届けてくれて。
「今日中に食べないとダメなんですか…?バレンタインに頂いたチョコレートは殆ど…主にお姉ちゃんが食べちゃいまして、甘いものが無いタイミングでしたので嬉しいです!すぐ頂きますね。」
お礼を述べると188さんも「私はこれで…」と会釈をして足早に去って行ってしまう。去り際に、彼女が恍惚とした表情でその瞳の奥には妖しい光が宿っていたのだがろな子はそんな事には気が付かなかった
―――
「ふふ、ろな子さん、私のチョコは食べて頂けましたか?」
「!188さん、こ、これは…はぁ…いったい、どういう事なんですかぁっ…っくうっ…あっ、はぁ……」
30分程経って再びろな子の家に訪ねて来る188さん。彼女に貰ったチョコを食べたらところ…身体が熱くなって下腹部が熱くなったかと思うと…変化したとかではなく、文字通り立派な男性器が生えてきてしまう。しかも昂りが収まらなくて悶えていたら再びの188の訪問で、すがるように助けを求めるろな子。
「はぁっ、ご立派で、すごいです…ろな子さん…私、貴女に助けて頂いてから思っていたんです。こんなに可愛くて強い貴女にチンポが生えて、私にぶちこんでくれたらってぇっ!」
嬉々として目的を憚りもなく打ち明ける188さん、ろな子さんは気持ち良くてやらしい事が好きって聞いて、お礼ならこれしかないって思って…と、うっとりと話し続ける、だがろな子は途中から彼女の姿から目が離せなくなっていた。
(わ、私…な、なんで……)
生やされた副作用か、彼女の身体が魅力的だからか肉棒が疼いて仕方の無い、もっと言うと彼女を襲いたくて仕方が無くなってくる。
幸い今姉は不在だし、とそんな考えまで過ってくる。もうろな子の思考は完全にアルケミさんの望む通りになってしまっていた。
「はぁ…ろな子お姉様ぁ、そのご立派なもので思う存分、私を貪ってください」
受け専門で攻め属性は皆無なろな子、今日に限っては文字通りおかしくされていた。
貪られた経験には事欠かないので、どうすればいいかよく知っている。
(あ、あんな風に…アルケミさんを…したい……)
もはや思考もそればかりで制御が効かないろな子、自室のベッドに188さんを組み敷いて本来あるはずのない男性器を彼女の秘部に擦り付け押し当てて…そして…
「こ、こんな事、だ、だめ…!はぁ…ううっ、で、でも…っくう…!」
「ああん、ろな子さんの性欲旺盛オチンポがぁっ…私のなかに、入ってきますううっ!はぁん…」
彼女のおっぱいを揉みしだき、夢中になって肉棒を突き入れて、男性器のもたらす性交の快楽に酔いしれてしまう。
いつもされているみたいに欲望に衝き動かされるみたいに188さんを犯してしまうろな子。
「はぁ…はぁ、わ、私なんて事を……」
何十回射精したか覚えていないが、ようやく生えたものの効力切れと共に正気を取り戻す。罪悪感も強いがそれ以上にまだまだ身体の昂りが収まらない。
「はぁ…ろな子お姉様…素敵でしたぁっ…うふふ、でもまだ満足されていないご様子ですね?遠慮せずどうして欲しいか仰ってください」
妖艶な笑みを浮かべてろな子に囁くアルケミさん、もうこれ以上の醜態を晒したくないと思いながらも…結局また快楽に勝てない少女騎士なのだった…
「はぁ…うう、このままじゃぁ…満足できないんです…188さんのオチンチン、ろな子にぶち込んでくださいいっ…んはああぁ!?」
ろな子に食べさせたものと同じチョコレートを食べて肉棒を生やす188は一気に少女騎士を貫く
「うふふ、お姉様はやっぱり…攻められる側の方が様になってますねぇっ!感じられてる顔、可愛くて素敵です♪」
「はぁん!うああぁん、すごいいぃっ!はぁ…気持ち良いっ…オチンチン、大きいっ…はぁん、これ好きぃっ…!はぁ、もっとぉっ!やああん…!」
「大きなおっぱいも極上のキツキツのナカも、殿方に貪られる為にこんなにいやらしく育ってぇっ…はぁん、でも今は全部私だけの物ですよぉっ?」
バレンタインのお返しは3倍返し、とばかりに軽く188さんにした倍以上はイカされて相手も女の子なのに巨チンポで責められて中出しもキメられちゃうろな子、結局彼女のいいようにヤられてしまうのでした。

>>192さん
「お帰りなさいませっ!ご主人様っ!本日はバレンタインデーの特別イベントとメニューをご用意させて頂いております♪」
以前研修(>>89他)でお世話になったメイド喫茶に行くようにと上から命令が来て、
(ええ…ま、またあのメイド喫茶に…ですか……)
以前行った時にはいつも通り?エッチな目にも会ったし、最初は気乗りしなかったろな子なのだったが…
「騎士団のろな子ちゃんがメイド喫茶一日限定復活!?」「可愛い!可愛い!」
「ろな子氏、目線こっち下さいでござる!」「次、こっちにもくださーい!」「おっぱい!おっぱい!」
飛び入りなのにも関わらず、お客様…ご主人様達が予想以上の歓迎ムードで
「あ、ありがとうございます皆さん!私の事をこんなに歓迎してくれるなんて…」
と、ちょろいろな子はノリノリで接客に励み…従業員のメイド達にはやっかみの視線を向けられたりはしたが、概ねイベントもろな子のメイド姿も好評の内に閉店となったのだったが…
―――
「ろ、ろな子は今…白に青い小さいリボンの付いた下着、穿いてます…いっぱい、見て…ください…」
メイド喫茶での仕事を終えて、案の定ろな子を待っていたのはエッチな命令。
閉店した店内で行われる、騎士団の支援者に送る為のエッチな撮影。
カメラを構えた192さんに涙目で恥じらう表情も、支援者のリクエストでもある好みの下着も、様々なアングルからじっっくりと舐めるように撮影されてしまう
(や、やっぱりこうなるんじゃないですかぁっ……)
騎士団の支援者に送られる映像だと言われては無下にはできず、192さんの言われるままに従うしかない。
白と青の縞々の下着、そして白くて透けたレース下着と、二度とパンティを取り替えて同じように三本分のビデオを撮影して、最後はスカートを捲ったまま「ろな子のパンティーを見てくださってありがとうございます」と笑顔で撮影を終えるのだった……。

217 名前:騎士団のろな子 投稿日:2019/03/16(土) 15:11:45 ID:1hsWuzdQ
>>193さん
「193さん、転職おめでとうございます!それで、私に試して頂けるのはどんなルーンなんですか?」
「ああ、全ステータス上昇の強力なルーンでね。ただし、副作用で負けたいと思うとアソコが疼いてしまうという危険なものだ」
「すごいです!是非お願いしま…え、なんですかその副作用!?ま、まって下さいやっぱりやめ…きゃああぁ!?」
淫らな副作用の効果を聞き、直前で拒絶しようとする…だが止めてもらえず、スカートをずり降ろされておヘソの下の下腹部にルーンを刻まれてしまうろな子、193さんはドSな表情を浮かべて「まぁ、騎士団の人間が万が一にも負けたい、なんて思わないだろ?しっかり任務に励めよ」と言って去っていくのでした。
※ろな子はルーンの力でパワーアップ!ただし負けたいと思うと身体が疼dく
※ミルクの出る薬も継続中
(しばらくしたら状態は解除されるかもしれません)
―――
「うう…ま、負けたいと思うとって……なんでそんなルーンを…何も起きませんように…」
192と別れてそんな事を思いながらプロの街中の見回り任務に当たっているろな子。
嫌な予感を感じつつも人通りの少ない路地に差し掛かる。
「へへ、探したぜ、騎士のろな子…」
「!だ、誰ですか!?」
案の定、嫌な予感は的中するのだった。
「お前に痛い目に合わされた恨み、こっちは忘れてないぜ?俺と戦ってもらおうか、負けたらもちろん…わかってるよなぁ?」
舌舐めずりをしてじりじりと近寄って来る男、ろな子の美貌に向けられている明らかに如何わしく下劣な視線。
騎士団に所属していればこの類の輩には恨みを買いやすいし、身体目当てで襲われる事もあるのだった。
(こんな、いかにもチンピラみたいな相手に負ける訳には…)
剣を構えて迎撃態勢を取る、192さんに刻んでもらったルーンのお陰で負ける気はしない。だが副作用について告げられた言葉。負け、敗北を必要以上に意識してしまう。仮に、もし仮にこんな相手に敗北なんかしたらろくな目に合うわけがない。
(負ける……もし…負けちゃったら…)
ろくな目に合わない、と自分で断じた先の事なんて想像しなければ良いのに…
「!?はぁっ…んやああぁっ!?」
その先の事を想像して、火照り疼いてしまう身体…一瞬、ほんのちょっとだけ、内心で目の前のチンピラ男に敗北して陵辱される自分を妄想して…そうなる事を望んでしまうろな子。
刻まれたルーンはそんな些細な思考も例外無く見逃さずデメリットの欲情効果を発動させる。
「くふうっ…!?そ、そんな…ぁ、はぁっ…身体が熱くて…ち、力が…入らな…っ、こ、このままじゃぁ…本当に……」
初めてを失った時に刻み付けられた、忘れ得ぬ快感。
勝負で負かされた相手に雌としても屈服させられる快感…そんな背徳的で堕落的な誘惑が戦意を喪失させる。
「お?なんだ、足取りがおぼつかないじゃないか」
「ち、近づかないで…!あぁっ…!?」
ぼうっとして振りかぶる攻撃も空振りし、普段のろな子なら一捻りで終わる相手に
あっさり武器まで取り上げられてしまう。
「おいおい、マジかよ?なんか知らないがラッキーだぜ、武器の無い女騎士なんてもう負けも同然だよなぁ?」
「いやっ、は、離して…くはぁっ!やぁっ…おっぱい…も、揉むのダメぇっ!」
「エロい乳しやがって揉むなとか無理に決まってんだろ!何がダメだよ、下着はもうこんなにびちょびちょじゃねえか」
人気の無い路地裏に連れ込まれて、チンピラ男に豊乳を揉みしだかれる少女騎士。
逃げる力も抵抗する力も無く、危険な状況だというのに…感じやすいろな子は胸を揉まれる度に艶声をあげて男を喜ばせる反応をしてしまう。
「ああん!うあぁっ…ち、乳首っ、だめええっ…!いやぁっ…感じちゃぁっ…はぁん…ふ、普段の力が出ればぁっ…こ、こんなチンピラなんかにぃっ…んはあぁ!?」
「悪党に弄ばれて良くなっちまう変態なのか?しょうがねえ騎士様だなぁ?w」
少女騎士の巨乳を楽しみながら男はガチガチに勃起したイチモツを露出してお尻に擦り付けて来る。
「!ひぃ!?ぁん…や、やだぁっ…それだけはぁっ…!」
「コイツをぶち込んで恨みもムラムラもすっきりさせてもらうからなぁ?」
このまま、完全に脱力してしまったら…
―――
『オラッ!お前の大嫌いな悪党チンポが奥までずっぽりだぜ!」
『!んやあああぁっ、やだぁっ…こんな汚いオチンチン、いやぁっ…抜いてえっ…!!」
『へへ、んな事言って締め付けがすごいぞ、身体は正直じゃないか。こっちはクソ生意気な騎士団のろな子を手篭めに出来て最高だぜ?ったく、ドスケベな身体しやがってよぉ!』
抵抗も出来ず、男の粗暴な貪りの前になすすべもなく凌辱されて、感じまくって何度も何度もイかせて…
『やぁっ!うあああぁん!?いや、こんな人とのセックス、してぇっ…イキたくなんかぁっ、ない…のにぃっ…またぁっ!はああぁ、いやあっ…イクっ、イクうううっ!!!」
『オラッ!イケ!ろな子の美少女マ◯コにたっぷり注いでやるからなっ!オラッ!』
こうして男は浅ましい欲望を満たす為だけに美少女騎士を凌辱し続けるのだった…
ーーーーー
「そ…そんなの…だめえええぇ!!!」
胸揉みされながら挿入されそうになりその先の展開が過ぎってしまうろな子。
これ以上男の好きにさせまいと最後の抵抗して…結果、男のみぞおちに肘打ちが決まる。
ルーンによって強化された状態にあるろな子の攻撃をまともに食い軽く数十メートルは吹っ飛ばされるチンピラ男。
「!あ、あれ…た、助かった…?こ、このルーン…危険だけど…確かに強力かも……」
とはいえ一度敗北を意識したら最後、火照りと疼きが収まらない諸刃の剣の危険なルーン。
この後中途半端に火照った身体を滅茶苦茶一人えっちして発散するしかないろな子なのでした。

218 名前:騎士団のろな子 投稿日:2019/03/16(土) 15:12:01 ID:1hsWuzdQ
>>196さん
「ええ!?196さんと同室って…他の空いている部屋は…そ、そうですか…」
アークビショップの196とペアを組み深淵の回廊での調査を終えたろな子。
イベントが盛況で周辺の宿屋は満室、ようやく空きを見つけた宿屋も一部屋しか用意出来ないと言われてしまった。
「俺は構わないよ?…むしろ都合が良いし」後半196がなんと言ったか聞き取れなかったが、彼が了承してくれるなら後はろな子の問題だ。
「ううん、仕方ないです…わかりました…同室で結構です!」
―――
「!?ひゃぁ!196さん…ちょ、ちょっとぉっ!い、いきなり、な、何してぇ…ふやあぁ!?や、やめ…ああぁん!?」
部屋に入いるなり、「流れで同室になっちゃいましたけど、その…一つだけはっきりさせておきたくてですね…万が一に、万が一ですけど、私に不埒な事をしようとか考えているようでしたら…このPTは即解散という事にさせてもらい…ふにゃぁ!?」
と、真面目に話すろな子の言葉を無視していやらしい手つきでふとももに手を這わせてくる196。それだけで止まる訳もなく、胸当てを外されて豊乳を揉みしだいてくる。
「や、やめ…はぁん!?わ、私の話し、聞いてましたかぁっ…!?エッチな事ぉっ、んっ!?私にしたら、か、解散ですよ!あ…やぁっ、そこはぁっ…!?」
「今日一日、後ろからろな子を支援してたけど、ふとももはエロいわ、パンチラするわ、もうムラムラして仕方なかったんだ。解散でもいいからすっきりさせてよ。」
目の前にぶら下がるろな子という名のご極上肉を前に、飢えた獣に食べるなというのは無理な話しで、予防線張るもさっぱり効果が無いのだった…
「ダンジョンの次は君のエッチな身体の調査もしちゃうからね」
下半身を露出して、既に湿り気を帯びている少女騎士の蜜穴に擦り付けてくる196。
「!んああぁっ…オチンチン…も、もう、入れちゃうのぉっ…?はぁ…んぐううっ!!んひゃああああ!?」
ボリューム満点の大きな乳を掴み、揉みしだきながら、己の分身を一気に突き入れる。感じやすいろな子はそれだけで軽く達して、挿入を許してはもう…後戻りは出来ない。
「ふああぁん!やぁん…あっ、196さんのおっ、オチンチンでぇっ!私のナカぁっ…擦られてえっ…うああぁん!そ、そんなぁ、いっぱい、奥うっ…突いたらぁっ!も、もうう…!!」
床に足を付けたままベッドにうつ伏せで押し付けられる形でパンパンとバックから突かれまくり、貪られる快楽に膣内を痙攣させて絶頂寸前の少女騎士。
「ふふ、ろな子ももうイきそうみたいだね?じゃあ一緒にイこうか、前衛と支援との連携も、こういうところで養わないとね。そろそろイクよ!美少女騎士の膣内にいっぱい射精するよ!」
「ひゃううんっ!?あっ、あうう…イクっ…196さんとぉっ、んんんっ!?い、一緒に、イクうっ…いっちゃううう!!!んやあああぁあああっ!!」
ドクンドクンと欲望のままにろな子を貪り、たっぷり中出しして二人ほぼ同時に絶頂するのだった。
(ふぁっ…だ、だめぇっ…はぁん…中出しされてイクのおっ…気持ち良過ぎるよぉっ……)
もちろん一回射精したくらいで満足する訳もないアクビさん。
「ろな子が可愛いからいっぱい射精ちゃったよ、じゃあまた固いからもう一回しようか♪」
そういうとすぐにまた腰を振り始めてしまうのだった。
「ふえっ…?い、いまイったばかり、だからぁっ…敏感になってぇっ…や、やめえ…んひゃああぁ!?」
結局、一晩中196のオチンチンで可愛がられた挙句、PT解散する事もなく…
次の日も同じように196と探索に向かい…
そして夜はまた同じように欲情した196にエッチな事をされてしまうろな子なのでした。

219 名前:ロリ巨乳忍者・葉月 投稿日:2019/03/17(日) 05:18:41 ID:z1jbXqU2
>>213
 命令を受けたわたしは、さっそくおぱんつを脱いで大きな椅子の上に腰掛けました。
 それから肘掛けに両足を乗せてM字に開脚します。忍び装束の下は何も穿いていないので、恥ずかしい部分が丸見えです。
「ふっふっふ、主様ったらそんなにそこばっかり見ちゃって。葉月のつるつるロリま●こがそんなに気になるんですか? え、尿道? はあ、そっちでしたか」
 なんだかフェチに負けた気がして真顔になっちゃいましたが、主様のご要望に応えるのが忍びの道。尿道でも邪道でもドンと来いですよっ。
「それでは主様、葉月の尿道口から黄色いおしっこを採ってくださいね」
 主様が管(カテーテルっていうらしいです)を取り出したのを見て、わたしはそう言いました。準備オッケーです。尿道責めは初めてなのでちょっとドキドキしたり……♥
「んっ、くぅ」
 おしっこの穴に細長い管が挿入されるとヘンな声を上げてしまいました。よく見ると管の表面はデコボコしていて、尿道をゴリゴリと刺激する作りになっていたのでした。軽い痛みなのにどこかむず痒い感じがするのはなぜでしょうか?
 しかしこんなのはまだまだ序の口。管は奥まで入っていないのでおしっこを吸い上げていません。
「ほら葉月、管を前後に動かしてやるぞ。気持ちいいだろう?」
「えっ、ちょ、そんな、ひゃわあっ!?」
 ズニズニと前後するデコボコにおしっこの穴の中を刺激され、思わず仰け反ってしまいました。初めはむず痒い痛みが続いていましたが、段々と気持ちよくなってきたような、そうでないような……。
「はぅぅっ、そ、そんなにされたら葉月はもう……おしっこ、ガマンできなくなっちゃいますぅ」
「だったら『葉月を放尿しながらイかせてください』って言えたら奥に管を入れてあげるよ」
「そ、そんな恥ずかしいこと……」
 放尿やおもらしとは少し違うのでしょうが、それでも殿方の前で小水を見せるというのはいささか抵抗がありました。
「もう十分恥ずかしいことをしているだろう。そらそら」
「はぅうんっ」
 管ピストンの勢いを強められまたヘンな声をあげちゃいました。これ以上焦らされるとおしっこ漏らして主様に吹き掛けてしまいそうでしたので、素直におねだりしちゃいます。
「は、葉月をっ、葉月を放尿しながらイカせてくださぃぃ! もうガマンできないですぅ!」
 すると主様は管をいきなり奥まで突っ込んできて、
「ふわっ、い、イクっ、葉月おしっこの穴でイっちゃいますぅ〜〜っっっ」
 その刺激でおしっこを採られながらビクンビクンと下腹部を反応させて果ててしまいました。
 黄色いおしっこが管を通って延々と吸い上げられていきます。その様を見た主様は、
「尿道責めでイった上にこんなに黄色いおしっこを採られて……恥ずかしくないのか? 羞恥心まで子供(ロリ)ってことはないだろう?」
「……わたしはむしろ、ロリ忍者にこんなことをする主様の方が恥ずかしい気がしますが(ジト目)」

※命令スレの人たちは18歳以上です(ということになっています)。

「それはともかく。ふふ、葉月のおしっこを採ってくださってありがとうございます♪ おしっこの穴でも女性がイクことがわかって、とっても参考になりましたよ」

220 名前:ロリ巨乳忍者・葉月 投稿日:2019/03/17(日) 05:55:47 ID:z1jbXqU2
>>212
 新薬の治験ですか。天津にいた頃はよくやらされました。色責めに用の強力な媚薬を作るために色々な薬を飲まされました。それに加え、子供の頃から色んな毒薬も飲まされたものです。え? 今何歳かって? いやですねぇ、女性に年を訊くのは禁句ですよ?
 なんてやっている間に投薬が終わりました。乳輪にお注射でプスッとやるだけなのですぐでした。
「特に何も起きませんね? って、わわっ」
 両乳房が激しく振動したかと思うと、むくむくと膨らみ始めました。主様が言うには、乳房の中にある乳腺組織が薬によって発達し、体積を増大させているのだそうです。数分もすると自慢のHカップは、100センチの大台にまで成長してしまいました。
 せっかく用意していただいた新衣装もこれではサイズが合わず、胸が苦しいので脱ぐことにします。なので今のわたしは、黒ニーソに青と白の縞ぱんという恥ずかしい格好です。
「これだけ胸が大きいと足元がよく見えなくて危険ですね。くのいちとしてはもっと細身の方が任務をこなしやすいかもですよ」
 なんて言ってると主様は二本目の注射器を取り出してぷすり。ビックリしてる間におっぱいはますますふくらんでいき、わたしの顔よりもずっと大きくなってしまいました。乳首も大きくなって親指の第一関節くらいにまでむっくりしています。
「うぅ、いくらなんでもこれは大き過ぎですよぅ。スイカをぶら下げているみたいでちょっと重いです」
「果たして大きくのはサイズだけかな? 感度の方も確かめてみようじゃないか」
 そう言って主様は、デカ乳首を指でピンと弾きました。
「んきゅぅうっ!?」
 まるで電流を流されたような刺激に思わず仰け反ってしまいました……。ですが一拍置いて、それが刺激というよりも快感と呼ぶのに相応しいと気づきます。
 主様もう片方の乳首も同じようにピンッてしました。ただそれだけのことなのに、乳首は親指も同然に勃起して、ズキズキと甘い疼きを発し始めました。
「んっ、はぁ、はぁ……な、なんでこんなことくらいで? 乳首ズキズキってして、もうガマンできないですっ」
 もう乳首でイキたくてたまりません。一も二もなく両のおっぱいを揉みながら勃起乳首を指の間に挟んで扱き立てます。すると――
「んきゃあぁああっ! 乳首っ、乳首もうイキますぅ!」
 ガクガクと身体を震わせてあっさりと果ててしまいました。ですが乳首の疼きはまだまだ鎮まらず、わたしは乳首オナニーを続けてしまいます。
 自分で両胸を持ち上げて左右の乳首を口に含み、ちゅうちゅうと吸ったり、カリッと甘噛みして刺激します。ただそれですぐにイキ果ててしまい、連続絶頂地獄に叩き落されました……。しかも気持ちよすぎてオナニーがやめられませんっ。
「さて、投薬はもう一回行う予定だがどうする?」
「薬……? う、打って、打ってくださいっ。葉月はもっと気持ちよくなりたいんですぅ♥」
 もっと気持ちよくなりたくて自分でも何を言っているのかよくわかりませんでした。いえ、答えはもう言っていますね。気持ちよくなりたいからお薬が欲しいんです! 早く打ってくださいっ!
 主様が三度目のお注射を行うと、更に膨乳し、元の五倍はあろうかという大きさになってしまいました。これではもう腕を前に動かすことができません。日常生活も困難な状態になったというのに、わたしは不思議な充足感を抱きました。これでもっと気持ちよくなれる……って。
「乳首もすごいぞ葉月くん。まるで勃起したペニスみたいだ」
「そ、そんな……言わないでください」
 乳首の先っぽからはとろりとミルクが染み出ていて、主様のたとえは言いえて妙としか言いようがありませんでした。
 胸が大き過ぎて乳首に手が届かないので主様にお願いすると、いきなり両乳首をキツく摘み上げられて、
「んっ♥ んほっ♥ ほおおっ♥」
 大量に射乳して連続絶頂を味わわされました。乳首からびゅーびゅーってミルクが噴き出て、そのたびにおっぱいの奥から耐え難い快感が走ります。
 更にそのままシコシコと扱かれると、まるで噴水のようにミルクが出続けます。
「は、はひ〜〜っ!! それらめぇっ♥ 葉月の乳首おかしくなっちゃいますぅ♥」
 舌を突き出しながらはしたなく身悶えて、わたしは――――――――…………………………

 はっ! いつのまにか気絶してました!? 胸は……元に戻っていますね。
 主様が言うには、葉月が気絶してからすぐに戻ってしまったそうです。まだまだ改良が必要だとおっしゃっていました。
 ではわたしは、着替えて退散させてもらいま――ひゃんっ? あ、あれ? 今衣擦れで乳首感じちゃいました? わたしのおっぱいってこんなに敏感でしたっけ?

221 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/17(日) 13:55:19 ID:OiDR3flw
>>ロリ巨乳忍者・葉月
今日はご主人様とアマツの神社前にやってきたぞ
もう察しはついているな?
この前縄抜け出来なかったと言っていたからなヒドラの触手で縄抜け特訓だ
俺は触手相手に悶える葉月の姿を楽しませてもらうよ

222 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/17(日) 14:01:49 ID:OiDR3flw
そして全員に命令だ
新スレが出来たので適時新スレの方に移動してください

【18歳未満進入禁止】総合命令スレ30【inハァハァ鯖】
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1552790359/l50

223 名前:ロリ巨乳忍者・葉月 投稿日:2019/03/19(火) 21:33:00 ID:CAYIRNlU
>>221
 連れて来られたのは懐かしのアマツフィールド。昔はここでよく修業したものです。
 え、昔って何年前かですって? 女性に年を訊くのは(ry
 なんて言っていたら主様に装備品を取り上げられてしまいました。頭上に?マークを浮かべていると「これからヒドラ相手に縄抜けの訓練をするぞ」と言われて、益々状況について行けなくなりました。
「え、え? え? ……………………あの、それってまさか――ひゃあぁ〜〜っ!?」
 数秒経ってからその意味を察した時にはもう遅く、ヒドラの群れに向けて物のように放り投げられてしまいましたああああああ!?
「あうっ、ちょ、や、やめてっ」
 装備がなければくのいちもただの女の子……全身を触手に絡め取られ、空中に逆さ吊りにされ、手足を大きく開いた格好で拘束されてしまいました……。
 垂れ下がったスカートは役割を完全に放棄していて、白地に青の縞ぱんが丸見えです。主様がいるのにこんな格好なんて…………しかも両脚は真横に開かされ、股を裂かれるのではという恐怖も味わわされます。
「は、速く逃げないとっ。このっ、んっ、だ、ダメ……身動きが取れない!」
 触手の拘束は思ったよりも強く、無数の触手から逃れられそうもありません。
「んぐっ? んんーっ」
 焦るわたしの口を塞ぐように太めの触手を咥えさせられました。先端には刷毛のような細かい触手がびっしり生えていて、それが舌をねちっこく舐め回してきます。
「んーっ……ん、んんっ」
 小さな舌をねぶられたわたしは段々と息苦しくなり、頭がぼーっとしてきちゃいました…………はっ!? い、いけないっ、ここで大人しくなったらされるがままです!?
 なんてやっている間に忍び装束の中に触手が入り込んでいて、ぬるぬるの表皮で全身をまさぐられてしまいます。乳首は執拗に転がされてピンッと勃起し、太ももや脇など密かな弱点も撫で回されています。
 あ、おぱんつの中にも触手が……。
(はぅ……そ、そこはぁ……)
 縞ぱんの中で触手が蠢くたびに粘膜が擦れて、くちゅくちゅといやらしい水音を立てます。お豆も皮を剥かれて剥き出しにされ、刷毛触手で転がすように撫で上げられています。ぷっくりと勃起した後は転がすように強く撫でられて、益々快感が……!
(だ、だめぇ♥ こんなのズルいよぉ♥ さっきから弱いとこばっかりぃ♥)
 元々敏感なわたしには乳首とクリの三点責めだけでもたまりません。それに加えてフェティッシュな場所もねちっこく愛撫されて、ゾクゾクと背筋を震わせてしまいます。オマケに主様に見られているという状況のせいで何だか感じ過ぎちゃってて……。
(ふわぁぁ! イクっ、葉月もうイっちゃぅううっ!)
 まだ責められて五分と経っていないのに無理やりイカされてしまいました。
 ぐったりしているとおぱんつを引き千切られ、丸出しになったロリま●ことお尻に極太の触手が……。
(あっ、だめっ♥ 今入れられたら狂っちゃう……助けて主様ぁ……)
 涙目で主様を見ますが、ニヤニヤしているだけで助けてくれる様子はありません。無力なくのいちはまったく抵抗できないまま、ふた穴に太いのを挿入されてしまいます……。
「んふぅ! んんんっっ」
 小さなあそことお尻を無理やり押し広げられ、それぞれの口が悲鳴を上げます。ですが触手は手心を加えることなく挿入を果たすと、ずちゅずちゅと激しい勢いで前後運動を始めました。いつの間にかおっぱいにも触手が巻き付き、根元から搾るように揉み解されます。
 くのいちとしてこういう経験がないわけではないですが、人間ではできない全身快楽責めはとても耐え難いです……! 休む間もなく責め続けられているからそろそろ体力が……。
(前も後ろも激し過ぎて……またっ、またイっちゃうよぉ♥ はぅううんっっ!!)
 ビクビクと全身を震わせ、黒髪をなびかせながら強いを絶頂を覚えてしまいました。と同時に触手の先端からべとべとした液体を吐き出され、口とあそこと肛門に大量に注ぎ込まれてしまいました……。
(も、もうだめ……)
 激しい悦楽に意識が遠退き、視界が段々暗く染まっていきました――

「はっ!? こ、ここは?」
 意識を取り戻したわたしの前には主様がっ。きっと見るに見兼ねて助けてくれたんですねっ! 葉月感激です!
 なんて思ったわたしですが、今いる場所がフェイヨンDであることに気づきました。しかもここはヒドラ池――
「えっ? ま、まさか……!?」
「さあ、葉月。第二ラウンドだ。触手の縄抜け頑張って来い」
「あ〜〜れ〜〜」
 と、またヒドラの群れに放り込まれてしまう葉月でした。ぐすん。

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[102:11]【18歳未満進入禁止】総合命令スレ30【inハァハァ鯖】
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/17(日) 11:39:19 ID:OiDR3flw
ここはハァハァ鯖に住んでいる住人にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここでは職や種族の境界はありません。総合スレです。
ですが、職系のスレが有る場合(弓職・聖職者など)はその職系のスレにお願いします。

★板共通ルール★
・ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

ほかテンプレは>>2


2 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/17(日) 11:39:38 ID:OiDR3flw
★おやくそく★
●全閲覧者の方へ●
・ここは18禁スレです常時<<sage進行>>でおながいします
 (ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)
・命令する側も受ける側も、節度は守りましょう。
・スレのあり方、ルール更新のための議論についてなどは「『お話し合いのスレ』を使用して」ください。
・ルールの更新は、新スレ移行時から適用。
・誘導は最小限かつ誘導先の注意事項を併記するようお願いします。

●命令する方へ●
・えっちな命令をする時はメール欄にdameと入力しましょう。
・コテさん達はageたりsageなかったりした人の命令は聞けません。また命令スレなのでお願いも聞けません
・ここに居るみなさんはハァハァ鯖在住です、現実世界や他鯖への誘いは禁止です。
・命令は1回、多くても2〜3回で。スレHにならないよう気をつけましょう。
・萌えとエロは表裏一体!! あくまでキャラに萌える心を忘れずに!!
・コテさんたちにも心や諸事情があります。返答できない場合は察しましょう。
・新しく参加された方には優しく!いきなりハードな命令をするのは控えましょう。
・ROらしい命令を心掛けましょう。もしくはRO風に脚色をつけるなどしてみましょう。
・命令をする前に似たような命令が無いかログを読みましょう。同じ命令ばかりだとコテさんたちも他の命令する側の人も飽きてしまいます。
・命令に応じてくれた方には感謝の気持ちを忘れずに。次の意欲に繋がります。
・沢山の命令を抱えるとコテも大変です。命令が溜まっているようなら、ある程度片付くまで命令は控えましょう。
・命令上限突破や類似命令の防止として(投稿内容を保存の上)リロードによる現状確認をお願いします。

3 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/17(日) 11:40:16 ID:OiDR3flw
●コテとして命令を受ける方へ●
・コテ同士のじゃれ合いはは程々にしましょう。名無しさんや新しいコテさんが入ってきやすい雰囲気を大切に。
・命令は絶対ではありません。人道的、生理的に受け付けないものは各自の判断でお願いします。
・テンプレ違反の命令だと判断した場合はお断りするかスルーしましょう。

●スレを立てる方へ●
・スレ立ては>>980にお願いします。512KBが近づいた場合は適宜気づいた人が作成・誘導をお願いします。
・スレ作成時(>>1)はメール欄にsageを、お約束などのテンプレ(>>2)はメール欄にdameをお願いします。
 (スレ作成時にメール欄へsage を入れると自動sage設定となり、ageをメール欄に入れない限りは上がりません)

★自己紹介テンプレート★
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい

問2:身長は?

問3:3サイズは?

問4:弱点を答えなさい

問5:自分の自慢できるところは?

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい

問7:初体験の時のことを語りなさい

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい

問9:備考をどぞ

問10:スレ住人に何か一言

問11:貴方の命令上限数を教えてください

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください

問13:他の方々とのコラボはOK?

4 名前:幼ジルタスとどんくさプリ 投稿日:2019/03/18(月) 22:02:53 ID:swNyandQ
>前107
最初は非常に退屈な時間だった。107は「『人が居るかもしれない』という環境での羞恥プレイ」としてアインベフでのデートを振ったのだろうが、そもそも人の居る居ないなど気配で容易に判ることであったし、青ジェムも正直物足りないものであった。
しかし107も10分もしたらそれに気づいたらしく
「退屈そうだね。気配とか読めちゃうクチ?」
そんな風に聞いてきたので
「判ってるじゃないか」
不満を隠さずに返す
「ハハハ。最初のやりとりだけじゃそういった力量まではまだ判らなくてね。申し訳ない。そういうことならちょっと趣向を変えよう。」
そう言うと107は街中から駅の方にルートを変更した。



「うあっ♥あふっ♥んんんんんっ♥♥」
「うん、大分出来上がってきたねー。そろそろ限界じゃないかな?」
ここは駅前デッキの階段と反対側にある茂みの中。ここにたどり着くと107は私にバキュームで動きを封じてから拘束し、青ジェムの出力を一気に上げて放置したのだ。
出力の上がった青ジェムに身体は達しそうになるが107の調節は絶妙で数時間かけて身体を撫でられただけで絶頂できそうなほどに昂ぶらされているにもかかわらず、ただの一度も絶頂することが出来なかった。
本来の身体では感じたことのなかった「イキたいと思う気持ちが抑えられない」ことを感じるほどに身体に精神が侵食されてきていた。
「この辺とかの調子はどうかなー?」
青ジェムの出力を弱めて私が一息つきそうになったところにすかさず107は子宮のあるあたりをマッサージする。
「んひぃぃぃっ♥さっき正面からじっくり見て知ってるくせにぃぃぃ♥♥」
身体は既にペニスを欲して堪らない状態で子宮は完全に降りきっていてヴァギナはペニスを飲み込もうとヒクつきが止まらなくなっている。そこに待望の刺激が加えられ快感に身体を震えさせるもまだ絶頂することが出来ない。
「いいや『知らない』ね。だってジルタスちゃんの口から調子については聞いてないもの。」
そんな…と思ってから気付いた。107は私に「イキたいです」と言わせたいのだと。それに気付いてしまったらもう耐えられなかった。
「イキたいぃ…もうイキたいですぅ…」
107はそれを聞くとニヤリと口元を歪ませた。

「ど…どうして列車にぃ…」
107に『イキたい』と伝えると107は私の拘束を解くとそのまま手を引っ張り、アインブロック行きの列車に乗り込んだ。数時間徹底的に焦らされ、身体はもう限界だった。
「これからが本番さ。今から「解除するまで絶頂することが出来ない」暗示を解除して、楽しい楽しい痴漢プレイの始まりさ。」
それを聞いて私は軽く血の気が引く。「暗示」だなんて一体いつ…
「いくらジルタスちゃんが抵抗力が強いといっても両乳首とクリに与えられた全開の青ジェムの震えに耐えながら何度もかけられたアルージョ全てに耐えるのは不可能…でしょ?。まぁ、論より証拠。解除してあげる…よっ!」
そう言って107が目の前で手を振ると何もされていないのに軽くイッてしまった。
「あっ…♥あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♥♥♥」
身体が落ちるような錯覚の後、アルージョによって封じられていた溜め込まれた淫熱がじわりじわりと身体を苛み、何もされていないにもかかわらず、じんわりとしかし圧倒的で不可避な絶頂に至る。私は列車の中ということもあり口を手で覆って大きな声を出してしまうことを堪えようとする。
「そうそう。声は抑えておいた方がいいよ。なんだかんだでココは痴漢のメッカだからね。こんなことしてるとバレたら何されるかわかったもんじゃないよ?…といいつつ俺は痴漢しちゃうんだけどね♪」
「おひぃぃぃぃぃぃぃん♥♥」
両の胸にに強烈な快感の電流が流れたと思ったら潮を吹いて絶頂してしまっていた。ああ…乳首を触られただけでこんなになるなんて…
「次は…こっち!」
「おほっ♥♥ほあぁぁぁぁぁぁぁ♥♥おもっ♥おぉぉぉぉ♥♥」
107がヴァギナに指を伸ばすと私のヴァギナは待っていましたとばかりにぢゅうぢゅうと吸い付き飲み込む。降りきっていた子宮口はもうすぐそこでそこを軽くノックされるだけで激しい快感と共に目の前が明滅する(恐らくこの明滅ひとつひとつが絶頂なのだろう)。最早自分で意識的に声を抑えるとかいう領域ではなくなっていると感じた私はハンカチを口の中に突っ込み漏れる声を抑える。
それが私が理性的に行動できた最後だった。

(もう…身体が悦びすぎちゃって訳がわからない…)
どれほどの時間が経ったのかわからない。過剰に焦らされ、人間の限界ぎりぎりの絶頂を繰り返した私は体の感覚を確かめることが出来ず、理由などないただただ圧倒的な多幸感を感じていた。その筈だった。
【タリナイ…マダタリナイ…】
(…あれ?足りない…?)
【ヒサシブリニミチカケテイルノニ…】
(あぁ…そう言われてみると足りないかも…?)
【コレナラメノマエノアイツラカラスイトレバ】
(そうだ、もっと…)
視界が元に戻っていく、目の前には私にペニスを突き入れる107、快感が自分のもとに戻ってくる。人の限界であろう強烈な快感であるが『まだ足りない』。
(そう…)
いつぶりかわからないが私は『足りない』分を…
「イクよぉぉ♥♥♥」
「うっ!!吸い取られっ?!うはぁぁぁぁぁぁっ」
淫魔どもが使う「吸精」。使えない訳ではないが使う必要がなく、使わないで居るうちにすっかり忘れ去っていたそれを、
精への渇望を思い出し、人に近い身体で理性を飛ばしてしまった私は列車の乗客全員に全力で振るってしまったのであった。

5 名前:ロリ巨乳忍者・葉月 投稿日:2019/03/19(火) 09:13:19 ID:CAYIRNlU
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1552543539.png
プロフィール警察様に用意してもらった衣装になります。
問2:身長は?
146センチ
問3:3サイズは?
89(H)-53-84
問4:弱点を答えなさい
よく道に迷うことですねー。方向音痴なもので目的地に辿り着くまでけっこう手間取りました。
今はカプラ様様です。
問5:自分の自慢できるところは?
身体の栄養の全部が胸に回ったと言われるくらい胸ばかり大きくなってしまいました。
あ、最近はお尻の方も成長している気がしますね?
おかげで考えるのは苦手ですけど、元気さではだれにも負けませんよっ!
問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
それはもう主様のいいように…………あ、主様というのは命令者様のことです。
忍びにとって雇い主は全員主ですからねっ。
問7:初体験の時のことを語りなさい
う〜ん……アレはいつのことだったか。1●歳くらいの時だったでしょうか?
お色気を磨くために先輩忍者に処女を奪われました。
え? 何年前のことかって? いやですねぇ、女性に年を聞くのは禁句ですよ? ふふふっ。
問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
わたしは敵地に潜入して諜報活動などをよくしていましたけど、やはりエッチな目に遭わされることも多かったですね。
マッドサイエンティストの時は助手に扮した潜入したら媚薬を飲まされて人体実験されたり、
騎士団に潜入した時は変装がバレて捕まったこともありました。エッチな尋問をされたり。
なぜかわたしってそういう任務ばかり回されるんですよねー……。
そう、今この瞬間も実は……なーんて冗談ですよ♪ 潜入調査なんてしてませんから。ホントですよ?
問9:備考をどぞ
今はアマツを離れて修行の旅に出ています。ですが忍者としては、やはり主様がいないと寂しいもの。
そこで、こちらで主様たちのお世話になろうと思い立ったわけです。
問10:スレ住人に何か一言
何でもおっしゃってください。わたしの身体は主様のためにあるのですから。
問11:貴方の命令上限数を教えてください
特に制限はありません。
問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
もちろん主様の命令は絶対ですので、できる限りのことはやらせていただく所存です!
問13:他の方々とのコラボはOK?
はいっ♪ 不束者ですがよろしくお願いします!

6 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/19(火) 11:22:47 ID:xOeLRVzU
ロリ巨乳忍者・葉月へ。
忍者なら修行を積んだおかげで、身のこなしがよいはずだな。 その身のこなしをオレに見せてみろ。
飛んだり跳ねたりしている、お前が輝いているところのSSを撮るが、かまわんな?

(普通に飛んだり跳ねたりしてるSSに加え、そのでかい胸が躍動するところや、下着が見えたところもしっかり収めるとしよう…

7 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/19(火) 20:09:07 ID:p4FJe4ig
>>ロリ巨乳忍者・葉月
前スレ220が盗撮されていたようです。
左上から通常忍者、前回からの新衣装、1回目(忍者衣装)、1回目(パンツとニーハイのみ)、2回目(乳首勃起)
左下から2回目(乳首オナニー)、3回目(1)、3回目(2)
(3回目(1)で白背景で上手く母乳表現できなかったので灰色背景でリベンジしました←)
※閲覧注意!性的描写を含みます。zipに圧縮してうpします
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1552993204.zip

8 名前:ロリ巨乳忍者・葉月 投稿日:2019/03/19(火) 21:57:58 ID:CAYIRNlU
前スレ221様の命令は、前スレ223にて行わせていただきました。
>>7
わわっ、撮られていたんですか!? 縞ぱんまで撮られて……うぅ、恥ずかしいですぅ。
わたしの胸、こんなになっちゃっていたんですねぇ。

>>6
「じゃあ、早速――とぉ!」
 主様が見守る中、ぴょんぴょんと飛んだり跳ねたりして葉月の体術を披露します!
 おっぱいが装束越しにぶるんぶるん揺れ躍ったり、スカートがめくれまくってパンチラの嵐ですがそこはご奉仕精神で乗り切ります!
 主様を楽しませるのがくのいちというものですから。
 なんてやっていたら装束の胸元からおっぱいが飛び出しているのに気づきませんでしたっ! おっぱい丸出しで揺らしまくっている姿をたくさんの人に見られてしまいましたよぉ……(泣)

9 名前:騎士団のろな子 投稿日:2019/03/19(火) 22:47:29 ID:3ebAfpBk
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleLordKnight_4Yellow_19744_18657

問2:身長は?
161cmです!

問3:3サイズは?
ええと…B99/W59/H87、です。
エッチな目にばかり遭うからか体もいやらしい方向に発育しちゃって困ってます…
胸のサイズはIカップあります〜…

問4:弱点を答えなさい
いやらしい事、性的な刺激にとことん弱くて…エッチが絡むと途端にうまくいかなくなる体質みたいなんです…
その上、快楽に流されやすくて、相手が誰でも良いようにやられちゃう位エッチに関しては劇弱ですよぉ…
胸が特に敏感で感じやすいですけど、ふともも、うなじ、耳辺りも弱いです…
あと虫型モンスターが苦手です

問5:自分の自慢できるところは?
剣と槍の扱いは中々のモノですよっ!(大概発揮される事なくいやらしい目に遭う)
よくおっぱいを狙われちゃうのですけど…我ながらいやらしく育っちゃったと思います…

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
その…初めての時の事が身体に刻み付けられているんだと思うんですけど…激しく攻められたり、無理やりされるのが興奮しちゃうM気質なんですっ…
基本的にどんな責めでも感じてしまうと思います…

問7:初体験の時のことを語りなさい
ううっ、一次職の時の事です…姉と一緒にマンドラゴラの触手に絡め取られて…前も後ろの穴もズボズボ犯されちゃいましたぁ…

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
はぁ…ど、どうなんでしょうか……忘れられないのはいくつかありますけど…
傾向で言うなら敗北レ◯プとか、無理やり犯されちゃったり、複数人プレイといったアブノーマルで激しめのエッチが特に……
わ、私…騎士なのに…こんな事、いけないですよね……

問9:備考をどぞ
プロンテラ騎士団所属、金髪ロングの美少女ロードナイト。
性格は柔和で真面目、騎士団中での実力は上の下程度。街を見回りするのが日課になって結局経つので住民に親しまれている。
本質はドMで淫乱でエッチ好きだが、騎士である事と性格からか淫らな事を好ましく思っている訳ではなく、特にみだりに性交なんてするべきではないと思っている。
…けど結局最後は毎回快楽の虜になってしまうし、結構な高頻度でソロプレイに耽っちゃうやっぱりエッチな娘。
冒険者アカデミーで教師をしている皿の姉(まじ子)が居おり、首都の市街地にある家に二人で住んでいます。(姉妹二人居る時は大概まじ→ろなの順に話してます)
愛らしい容姿と豊乳おっぱいとで周囲の男性からは大概いやらしい視線を向けられていてエッチな目に合う事もしばしば…騎士という事で悪党やならず者の類いには怨みを買いやすい。
エッチが絡むと簡単に負けたり任務を失敗してしまったりする為、その類の輩は天敵。

問10:スレ住人に何か一言
お付き合いありがとうございます!今スレでもろな子を沢山虐めて頂けたら嬉しいです!至らぬ点が多々あるかと思いますがよろしくお願いします!

問11:貴方の命令上限数を教えてください
ちょっと悩んでいまして…ひとまず制限無しでお願いします。
※途中変更するかもしれません

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
排泄系は苦手なのでごめんなさいです。他の事も無理そうでしたらその都度言いますね。

問13:他の方々とのコラボはOK?
はい、大丈夫です!ろな子を動かす際は自由に使って頂いてOKです。

10 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/19(火) 23:49:05 ID:CH8cJUgM
>>騎士団のろな子
よぉ!久しぶりだなろな子ちゃんよ
んぁ?何故ここ(自宅)にって?仕事の都合で首都をぶらぶらしてたらお前さんを見かけてな?
あぁあぁ、そういう勇ましいお言葉は良いんだよ。俺の言葉に怒りじゃなくて疼かせて期待しちまってるくせに
今日だけ世話になるぜ?そう怯えるなよw前みたいに乱暴じゃなくねっとりじっくり嬲ってやるからよ、楽しもうぜ
部屋に戻る度に俺に嬲られた記憶でいっぱいになってオナっちまうくらい染め上げてやるよ
あぁ、お前さんのねぇちゃんが帰ってきたらアヘ顔とろ顔で淫語連呼の自分の様をたっぷり見てもらおうな

11 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/03/20(水) 08:46:45 ID:343PDveM
>>騎士団のろな子
ウェルスで発掘していたらこんなものを見つけたので性能の確認をしたい。ミルクが出るとのことだから丁度いいだろう。
(と言って取り出したのはカップ部分がサイズ調整できる機械式の搾乳機。ろな子を見つけるとどこにそんな動力があったのか命令者の手を離れ、ろな子の胸に張り付きます。この搾乳機は搾乳と同時に愛撫や装着者が感じない程度の微弱な電気刺激を与えて乳腺を発達させ搾乳量を増やす機能も持っています。機械の設定のためか1週間ほど外すことが出来ず、その期間、休みなしに搾乳と刺激を受け続けることになります。また、外れた時、周辺にまじ子が居た場合は次にまじ子の胸に張り付こうとするでしょう。)

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード